パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 夏祭りデートの時に女性がやってはいけない5つの行動とは

夏祭りデートの時に女性がやってはいけない5つの行動とは

浴衣の女性

 夏の時期に入ったこともあり、彼氏と夏祭りデートをすることが決まっているという女性は多いのではないでしょうか?  いつもとは違ったデートですので、2人にとって一生の思い出として残ることは間違いありませんが、女性が誤った行動をしてしまうようであれば、交際相手の男性に嫌われるだけでなく、最悪の場合別れの原因になってしまう恐れもあります。 これから夏祭りデートの時に女性がやってはいけない5つの行動について紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

1.愚痴をこぼす

 「暑い」「疲れた」などのような愚痴に関しては、絶対に言うべきではありません。 人が多く集まるイベントだからこそ、楽しい反面このようなネガティブな思考にもなりやすい部分があります。 それは女性だけでなくその場にいる全ての人が思っていることでもありますので、口に出した所で何の解決にもなりません。 相手の男性としても愚痴ばかりこぼす彼女のことを連れてくるべきでは無かったと後悔するかもしれません。 できるだけその場が楽しくなるような雰囲気作りを心がけるようにしましょう。

2.浴衣を着ない

 交際相手の男性が「浴衣を着てきて欲しい!」と言っているのにも関わらず、その期待を裏切るような行為も絶対にしてはいけません。 多くの男性は人生で一度でも良いから浴衣を着ている女性のことを連れて歩きたいと思っていますので、浴衣を着てこないようであれば相手の男性の気持ちを裏切ってしまうことになります。 浴衣を準備したり、着付けしたりするのは大変かと思いますが、交際相手の男性が浴衣を着ることを望んでいるのであれば、その期待に応えるようにしましょう。

3.浴衣の着崩れを彼氏に直させようとする

 浴衣が着崩れを起こした時に自分では直さず、男性に頼ろうとすることもやってはいけない行動の一つです。 着付けができる男性であれば良いのですが、ほとんどの男性は浴衣の着付け方法を知りませんので、「着崩れを直してよ!」と頼まれた所で困ってしまうことになります。 相手の男性を困らせない為にも、万が一着崩れを起こした時の対処法について事前に勉強しておくようにしましょう。

4.ダメ出しをする

 男性に対してダメ出しをすることも、絶対にやってはいけない行動の一つです。 ダメ出しというのは例えば、「夏祭りに相応しくない恰好をしているよね。」とか、「花火が見えるポイントを押さえておくのが普通じゃない?」というような発言のことを言います。 このようなセリフを言われることになれば、相手の男性としても途端にその場が楽しく感じなくなりますし、場合によっては怒って帰ろうとする男性もいるかもしれません。 せっかくの夏祭りデートですので、雰囲気を悪くさせるような発言だけはしないようにしましょう。

5.友達と会っても一緒に行動してはいけない

 このようなイベントの時は友達や知り合いに会う可能性が非常に高くなりますが、間違っても一緒に行動するような真似はしてはいけません。 相手の男性としても、彼女の友達と一緒に行動した所で気を遣ってしまうことになりますし、何より彼女と2人きりで楽しみたいと思っている男性の気持ちを裏切ってしまうことになります。 久しぶりに会った友人ほど、一緒に行動したくなったり長時間話し込んだりしたくなるものですが、彼氏とデートしている最中だということを絶対に忘れてはいけませんよ。

まとめ

 ここまで夏祭りデートの時に女性がやってはいけない5つの行動について紹介してきました。 どれも常識的なことになりますが、ついついやってしまいがちなことでもあります。 夏の季節のデートはお互いに距離が近づく絶好のチャンスです。 ちょっとした心遣いをするだけで、これらのチャンスをモノにする確率は飛躍的に向上するでしょう。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top