パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | まるで異世界?工場夜景で盛り上がる!

まるで異世界?工場夜景で盛り上がる!

コンビナートの夜景

 交際クラブ・デートクラブ・パパ活中の皆様は「工場夜景」をご存知ですか?  夜景は都会の男女にとって揺らぐことのないデートコースの王道でしょう。 ホテルのバーや高層階のレストラン、東京タワーやスカイツリーの展望台など、星空やイルミネーションとはまた違った雰囲気を演出してくれます。 美味しいワインや贅沢な食事、ラグジュアリーな調度品はもちろん魅力的ですが、夜景が見える、それだけで気分が上がる女性は少なくないはずです。 一方で「工場」というとまるでロマンティックには縁のない場所のように思われます。 イメージするのは作業服に油の匂い、金属音や煙突の煙、そんなところでしょう。 ところが最近、写真好きなインスタ女子やサブカル寄りのカップルから火が付き始め、新たなデートスポットとして人気になりつつあるのが工場夜景なのです。 すでにInstagramのハッシュタグでは14万投稿を超え、写真集も発売されるまでになっていることからも、それだけ魅力ある「映え」スポットだということが分かるでしょう。 まず、こういった秘かなムーブメントは早い者勝ちです。 「工場夜景って、知ってる?」 この一言だけで交際相手が興味を持つ話題を提供できます。 交際相手が興味を持ってくれたら準備を万端にして出かけてみましょう。

■おすすめは、横浜デート+工場夜景のクルーズ

 おすすめは横浜港から出港している比較的小さな規模のクルージングです。 出港する場所は大さん橋と赤レンガ倉庫の間、このシチュエーションだけでもデート向きだと言えるでしょう。 休日の午後、横浜中華街の「悟空茶荘」でゆっくりと中国茶を堪能したら、山下公園と横浜港を右手に大さん橋方面へ。 少し歩きますからスポーツミックスコーデ、散策できるスニーカーで出かけるのがおすすめです。 インスタ女子なら、山下公園に寄り道して港町・横浜ならではの風景を押さえておくのもいいでしょう。 ところで、このデートでぜひ準備しておきたいのが「そこそこ撮れるカメラ」です。 プロ仕様の重たいカメラはデートに不向きなのでおすすめしません。 しかしここから先、スマートフォンのカメラでは少々物足りなくなるはず。 比較的軽めなミラーレス一眼やコンパクトデジタルのハイエンド機が最適です。 風景にも人物にも対応できるのはもちろん、夕暮れや夜景もキレイに撮れて、光学ズームや画質がスマートフォンの比ではないからです。 また、BluetoothやフリーSIM対応のカメラか、そうでなければWi-Fi機能搭載のSDカード「Flash Air」をおすすめします。 これらの通信機能を使えば、撮ってすぐにハイグレードな一枚を交際相手のスマートフォンとシェア出来るのです。

■さてクルーズ当日は

 さて、素敵な景色とそれらを写真に収めることが出来て、お相手の気分も盛り上がってきたはずです。 徐々に日も傾きかけた頃がいよいよ本番、工場夜景のクルーズへ向かいましょう。 大さん橋を過ぎて海沿いをさらに行くと、すでに乗船待ちのカップルが何組か、整理券を手に出航を待っていることでしょう。 ここでも事前の準備が大切です。 このクルーズは当日券の他に、Webサイトから予約することが出来ます。 当日の天気予報をチェックしたら、早々とチケットを予約しておけば間違いありません。 もちろん予約客から優先して乗船することになりますから、より夜景が楽しめる特等席に乗り込むことが出来るのです。 夕暮れ時に出航したら、まずは360度広がる横浜港のパノラマビューを堪能することができます。 振り向けば夕日に照らされたインターコンチネンタルホテルや、イルミネーションが点き始めたみなとみらい地区。 遠くに高速道路の立体交差や埠頭。 そして前方にベイブリッジが近づいてくると周遊船のスピードも上がってきます。 沖に出た頃には日も沈み、辺りが暗くなっていることに気が付くでしょう。 ここから先、川崎方面へ進むと、クルーズはいよいよ工場夜景へと進んでいきます。

 天然ガスプラントの高い煙突からは炎が立ち、近未来都市にもファンタジーのお城のようにも見えるいくつもの巨大プラントがライトアップされてそびえ立っています。 まるで映画「ブレードランナー」のオープニングのような光景です。 また、停泊している船の明かりが海面に反射している様子や、イグアナのようなガントクレーンも間近に見ることが出来ます。 休日であれば夜の工場と夜の海は不気味なくらいひっそりとしていますが、それもまた独特の世界観を盛り上げてくれます。 普段、陸地側からは見ることの出来ない、幻想的でダイナミックな夜景が次々と現れて圧倒されることでしょう。 せっかくカメラを用意してきたのですから、何枚かはしっかり収めて、あとはひたすら工場夜景に圧倒されることをおすすめします。 そうして沖から運河へ、運河からベイブリッジへと戻ってくると、すっかり暗くなった夜の横浜港で、みなとみらいのイルミネーションが寄港を迎えてくれます。 クルージングを終えて船を降りるときっと、何とも言えない興奮や高揚感に包まれていることでしょう。

 仕上げは赤レンガ倉庫でのディナーがおすすめです。 「Motion Blue Yokohama」の上質な音楽と食事で火照った高揚感を心地よくクールダウン。 または「FISHMAN’S MARKET」でワイワイと、収めた写真の品評会をしながらさっそく作品をアップ。 どちらも二人の距離を近づけてくれる食事になるはずです。

まとめ

 すでに攻略しつくされた感のある横浜デートも、工場夜景というスパイスを加えることでより楽しめるものになるはずです。 交際クラブ・デートクラブ・パパ活で出会ったお相手とのデートにいかがでしょうか?

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top