パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 気を付けて!パパ活での警察トラブルにご用心!

気を付けて!パパ活での警察トラブルにご用心!

手錠

 パパ活を始めたころは、いろいろと注意深かったのに、慣れてきたら気を抜いてパパと約束したり連絡を取るようになりますよね。 そんなときに起こりやすいのが警察トラブルです。 実は、2015年にはサイバー補導と呼ばれるおとり捜査で600人以上の女の子が補導されています。 サイバー補導とは、18歳未満の児童が犯罪に巻き込まれないようにおこなわれる補導方法で、たとえ18歳以上であっても20歳未満の場合は不良行為として補導対象になります。 このような警察トラブルに巻き込まれないように、やっておきたい対策をご紹介します。

1.年齢確認に要注意

 サイバー補導の目的は、未成年の女の子が売春をしたり、援助交際をしたりするのを防ぐためです。 だから、捜査官としても始めのうちから相手の年齢が知りたいわけです。 プロフィールを読めば年齢がわかるのですが、未成年の場合は実際の年齢を偽って登録しているため、年齢を聞きだそうとしてきます。 ですが「今何歳なの?」と、ダイレクトに年齢を聞いてくる場合は少なくなってきています。 最近は、年齢確認の方法としても緻密になってきていて、例えば「大学生なの?」という聞き方で、未成年かどうかを確かめてきます。 また、「おじさん、若いこと出会いたいんだよね」というように、若い女の子を求めているふりをしつつ、実際に会った時に年齢がわかると補導という流れもあるので注意が必要です。

2.待ち合わせ場所の環境チェックを怠らず

 サイバー補導をするのは警察官ですが、その際、女性の警官が少なくとも1人は立ち会っていなければなりません。 女の子を補導する以上、男性だけではいけないということです。 そのため、サイバー補導をする際は、かならず待ち合わせ場所の近くに男女組や男女グループがいます。 もしも若い人が多い待ち合わせ場所なのに、30代、40代の人たちがいるなら、気を付ける方が良いでしょう。 また、近くに車が止まっている場合も要注意です。 待ち合わせの場所にパパが現れたときに、男性が警官であることを女の子に告げると、その場で補導はせず、まずは同意を求めたうえで車に乗せて事情を聴くことがあります。 公共の場での補導よりも、人の目を避けて車の中で尋問するという経緯です。 車内には女性が一人乗っている、特に後部座席に1人だけ載っているという場合はなおさら注意しましょう。 ところで、車と言えば、サイバー補導とは少し話が変わるのですが、パパ活がらみの犯罪に車が使われることがあります。 それは、もちろん強制わいせつです。 警察官による任意同行を装って車に誘い込み、わいせつ行為をする事件も起きています。 本当に警察官なのか怪しい場合は車に乗りこまないようにしましょう。

3.相手の服装は要チェック

 パパの仕事終わりにスーツを着ているのは当然として、休日にスーツ姿で登場するパパは少ないもの。 ですので、待ち合わせ現場にスーツ姿で現れるパパには気を付けましょう。 実は、サイバー補導をしている捜査官は、警察官であるため、スーツやポロシャツといった比較的かための洋服を着ていることが多くあります。 待ち合わせに来たパパが、仕事終わりでもないのに、スーツを着ている場合は、少し怪しんだ方が良さそうですね。

4.サイバー補導にあわない方法とは?

 ここまで、警察トラブルを回避する方法やサイバー補導の警察官の見分け方をご紹介してきましたが、確実に安全な方法はないのでしょうか?  実は、あるんです。それは、出会い系サイトではなく、交際クラブ・デートクラブを活用する方法です。 出会い系サイトでは、本人確認は免許証などの本人確認書類を画像データで送るだけなので、簡単に登録ができてしまいます。 ところが、交際クラブ・デートクラブでは、本人確認を厳重に行っていて、書類での確認以外に、オフィスでの面接も行われています。 そのため、警察官が身分を偽って登録することも難しくなっています。 格式ある交際クラブ・デートクラブであれば、より一層審査が厳しくて勤め先の確認を行うところもあります。 さらに、初回のセッティングについては、スタッフがおすすめの男性を紹介してくれるだけでなく、日時の決定や待ち合わせ場所についても細かくフォローしてくれます。 だから、安心してパパ活することができるのです。 反対に、最近乱立しているような交際クラブ・デートクラブは、要注意です。 コンシェルジュ機能にも乏しく、得体のしれない男性が登録しがちです。 できるだけ、入会金が高めで面接ありの、登録しにくいと思われる交際クラブ・デートクラブを選びましょう。 もちろん、これらの交際クラブ・デートクラブは未成年の利用は厳禁です(東京都の場合は、条例で18歳以上であれば交際クラブに登録できるようになりますが、刑法上では20歳未満は未成年として取り扱われるため、補導されてしまいます)。 サイバー補導されてしまった場合は、取り調べの際に、自分と会っているパパにも迷惑がかかる可能性もあるので注意が必要です。 くれぐれも警察トラブルには気を付けてパパ活をおこなってくださいね。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top