パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 恋人とマンネリ。大人の倦怠期を乗り越える方法5つ

恋人とマンネリ。大人の倦怠期を乗り越える方法5つ

倦怠期に悩む女性

 倦怠期という言葉を聞いてなんだか懐かしく思えるような人もいるかもしれません。 20代の頃、学生の頃などに「彼女と倦怠期で」と悩んだり愚痴をこぼしていた経験のある女性は多いでしょう。 しかし倦怠期、所謂マンネリという時期は、もちろん大人になってからの男女の交際でもあり得るものです。 あまり倦怠期という言葉は使わなくなったかもしれませんが、この深刻なマンネリの時期を放置しておくと、恋人とは当然ながら良好な関係を築けなくなってしまいます。 仕事などのガス抜きの方法を知っている交際クラブ・デートクラブの大人カップルでも、交際相手との倦怠期に悩むことはあります。 そこで今回は、大人の倦怠期を乗り越える方法についてご紹介します。

■デートの方法や行き先を見直す

 ぜひまずは、デートの方法や行き先を見直すことから始めてみてください。 大人になればなるほど、人は「省エネ」を覚えてしまうため、実は若い頃よりもデートの仕方がいつも同じになってしまうものです。 気が付けばいつも夜に会って食事をする、のワンパターンになってしまってはいませんか?  お金を出していろいろな高級レストランに行けば解決すると思ってしまっている男性は多いです。 しかしどんなに高級な飲食店でも、ワンパターンなデートを続けていれば正直飽きてきますし、二人の関係もマンネリ化してしまいます。 敢えてたまには若者のようにテーマパークに出かけたりするのも良いでしょう。 少し遠出をして小旅行気分を味わうのでも良いかもしれません。 近所の公園を散歩するのでも楽しいかもしれません。 お金と回数だけで解決する虚しいデートは、重ねれば重ねるほど関係性のマンネリを招くものです。

■交際相手には愛情表現をする

 交際相手にまめに愛情表現をしていますか?  大人になるとただ一緒にいるだけで満足してしまうこともあれば、仕事などの忙しさのあまり、まめな愛情表現を忘れてしまう人は多いものです。 「愛してる」「好き」など、たかが言葉一つ、されど言葉一つです。まめな愛の言葉があるかないかで二人の関係が良好なものになるかどうかは大きく変わってきます。 また、夜の営みの方もぜひ欠かさずに。マンネリを迎えたカップルのほとんどは、セックスレスに陥り、ますます倦怠期を長引かせてしまいがちです。

■初心に返りまめなコミュニケーションを取り戻す

 交際したての頃はどんなカップルもまめにコミュニケーションを取るものでしょう。 最初こそ二人の関係は盛り上がっていますから、自然と意識しなくても連絡を取りたいという気持ちをお互いに持っていたはずです。 しかしそんな気持ちも時間が経つにつれてなくなってしていきます。 マンネリを感じるのは、単純なコミュニケーション不足が原因となっている場合も多いものです。 まずは初心に返り、まめなコミュニケーションを意識してみましょう。 一日一度連絡を取ること、これは恋人同士であればやって当然と考える人も多いです。 交際相手にマンネリを感じると、確かにまめに連絡を取り合うことすら面倒に感じてしまうものですが、そんな姿勢がさらに二人の間の溝を広げてしまいます。 まめなコミュニケーションを意識していれば、一緒にいることを選んだ幸せを再確認することもできるはずです。 再び愛情が盛り上がる日も近いでしょう。

■交際している女性との思い出を振り返る

 相手の女性との間にマンネリを感じてしまうと、もはや相手を受け入れることすら億劫に感じてしまうこともあります。 長く交際していれば、それくらい相手にうんざりしてしまうことも正直ないわけではありません。 しかし、そんな時こそ勢い任せで「関係を終わりにしたい」と言うのではなく、大事なのは相手の大切さを思い出すことです。 ぜひ一度、二人の思い出を振り返る時間を取ってみてください。 今までのメールやLINEのやりとりを見返すのでも良いですし、写真を眺めるのでも良いでしょう。 それだけでも自分にとって大切なのは誰なのか、改めて実感できるはずです。 マンネリを感じたときこそ、思い出を振り返る時間は大切にしましょう。

■逆に一度距離を取り大切さを再確認する

 倦怠期が原因で、どうしても交際相手のことをうっとうしく感じてしまうのであれば、敢えて一度あまり会わないよう距離を取ることも必要かもしれません。 むしろ一緒にいる時間が多すぎて窮屈に感じている可能性もあります。 一人の時間を持つことで、冷静になれる部分もあるでしょう。 そしてふとした瞬間に感じるはずです。相手の女性の存在が、自分にとってどれだけ大きいものであるかということを。 マンネリや倦怠期をきっかけに関係を終わらせてしまうのはあまりにもったいないことです。 ぜひ一度一人になり、冷静に相手の存在の大きさを感じる時間を持つようにしてみてください。

■まとめ

 ある程度年齢を重ねた大人でも、交際相手との間に「倦怠期」を感じることはあるものです。 交際期間が長ければ長いほど十分あり得ることでしょう。 ですが今まで築いてきた大事な絆があるからこそ、一時的に感じた鬱陶しさだけで、関係を壊してしまうのは切ないことです。 交際相手との間にマンネリを感じたときの対処法は、ぜひ心得ておきたいところですね。 倦怠期を乗り越えれば、二人の関係はさらに良好なものになるはずです。 交際クラブ・デートクラブのカップルの皆さんも、ぜひマンネリ解消の対処法を振り返りつつ、築いてきた関係を大切にしてくださいね。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top