パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 夏に恋したくなるその理由とひと夏の恋の別れ

夏に恋したくなるその理由とひと夏の恋の別れ

真夏のビーチ

 暑い日本の夏。 毎年どんどん暑くなっていき、毎日の仕事や通勤が大変ですね。 しかし、花火大会、海水浴やお祭りなど、夏ならではのイベントが盛りだくさんです。 交際している人がいれば、どんどん楽しい企画をしたいですし、楽しさで暑さを忘れるくらいに出かけたいところです。 残念ながら交際相手のいない人は、なんとしてもデートの相手が欲しいですね。 そこで朗報です!  夏にはなぜか、人は恋愛をしたくなるものなのです。 よって、出会いから交際に発展するカップル成立率も高くなります。 さて、どうして人は夏に恋愛をしたくなるのでしょう。 今回は、その理由についてご紹介します。 交際相手のいない女性の皆さん、ぜひ読んで知ることで、そこから出会いにつながるよう、ご自身も夏モードに切り替えてくださいね。

■快晴のもと開放的になる

 お天気続きの夏、精神的にも開放的になります。 開放的になるとドーパミンやエンドルフィンなどの快感物質が分泌されます。 この物質が興奮作用をもたらすため、恋愛に関しても影響がでるのです。 開放的になるのでより行動的にもなります。 行動した先で普段より警戒心が緩むのもこのような時です。 太陽の光をよく浴びるとセロトニンも分泌されます。 セロトニンは心と体を活性化させてくれるのです。 このように、夏のお天気によって恋をするのに必要なホルモンが分泌されるがゆえに、人々は恋愛モードになっていきます。

■気温が上がって肌を露出するようになる

 気温も湿度も高い日本の夏。 欧米と比べたら、普段から肌の露出は少ない日本人でも、夏は特別です。 女性はオフショルダーやノースリーブのトップや素足に麻のスカートなどを着こなします。 肌を露出するということは、体のラインを見せる分、性的アピールにつながります。 着るほうもそしてそれを見るほうも、男性・女性とも自然と恋愛の欲望が高くなるのです。 逆に言えば、露出の多いファッションをしている人は、恋愛希望の人とも言えるかもしれませんね。 夏はこのように人を大胆にもさせるのです。

■日が長くどこかに出かけたくなる

 暗くて日が短い季節と比べ、夏は一日も長いですね。 そんな夏は、仕事が終わったあとでも、どこかに寄りたいという気持ちになったり、週末も出来る限り出かけたいという気持ちにさせてくれます。 行動的になるということは、それだけ生き生きとした自分になり、また行動した先での出会いの機会も増えるのです。 そこから恋愛に発展する確率もおのずと高くなります。

■大人数で集まるイベントが多い

 夏は、音楽フェス、花火大会にバーベキューなどなど、大勢で集まって賑やかに過ごすイベントがたくさんあります。 友達とだけでなく、友達の誘いに参加して、友達の友達に紹介されたりもよくあることですね。 全員がそのイベントを満喫するために集まっていますから、ここでも快感物質が分泌され、多くの人とどんどん仲良くなったりします。 そこから、カップル誕生!というのは夏ではやはりありがちな事なのです。

■旅にでる機会が増える

 夏休みを利用して、旅行を企画する人も多いでしょう。 一人旅、同性との旅、グループ旅行など、どんな形でもいいからひと夏に一度は、やはり旅行に行きたくなりますね。 非日常のシチュエーションが、男性・女性を普段より恋愛モードにすることをプッシュします。 自分のことを全然知らない異性とは、その人をニュートラルな目で見ることができ、そして自分の感覚で好印象かそうでないかをシンプルに見極められます。 お互いにインスピレーションがあえば、一緒に行動したりと旅行がさらに楽しくなるのです。 そこから、連絡先を交換して、次のステップに進むケースも多いにあり得ます。

■夏の恋は長続きしないことも

 夏の出会いから、交際や結婚へ至る人も世間には多くいます。 その反面、”ひと夏の恋”と言って、夏が終わったらふたりの恋も終わり、というケースもよくあります。 これは、相手の良い面だけが見え、期待値も高まる非日常の夏、その夏が終わって現実に戻ったら、ただの人だった、、、というところが大きいのでしょう。 夏の終わりと同時に、ふたりの関係も終了となることがあるんですね。 旅行先で出会ったけれど、住んでいる地域が離れすぎて、遠距離恋愛には至らなかった。 日焼けが消えていったら、素敵だと思っていた人が単なる見せかけの軽い人だった、とガッカリすることもあるでしょう。 相手もあなたに対して、同様のことを思っている場合だってあります。 既婚者の場合は、普段の生活に戻ったら、ただのひと夏の不倫だったなんてことも。 夏は心が浮き足立ちますので、開放的になりすぎて失敗しないように気をつけることが、大事なポイントではないでしょうか。 また、現代では出会った人とLINEやSNSなどの連絡先を交換することも多いと思います。 しかし、気軽に教えてあとで大変なことに、なんてこともあるので気をつけましょう。 自分の行動には責任を持って、せっかくの恋愛の季節を大いに楽しんでくださいね!

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top