パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | リベンジポルノ防止!恋愛中の女性が心得るべき写真と動画の怖さ

リベンジポルノ防止!恋愛中の女性が心得るべき写真と動画の怖さ

 交際クラブ・デートクラブ・パパ活中のあなたは、リベンジポルノという言葉を聞いたことがありますか?  リベンジポルノとは、破局した交際相手や結婚相手の裸の写真や、動画をネット上に流出させる犯罪行為です。 以前は規制法がなかったために、多くの女性が被害に合い話題になりました。 しかし現在は、本人に無断でプライバシーを侵害するような画像や動画を公開すると「公表罪」という規制法に問われることになりました。 ただし、規制法ができたからといって、このような被害が全くなくなるわけではありません。 女性として、リベンジポルノの被害に合わないための知識と心構えを持ってほしいと思います。

■楽しい恋愛の真っ最中だからこそ許してしまいがち

 恋愛が始まったばかりで一番楽しいとき、彼からの要求はなんでも聞き入れたくなってしまうこともあります。 ベッドタイムで相手に写真や動画の撮影をお願いされたとき、強く拒むことができない女性は多いでしょう。 このとき、何とも言えない「断りにくさ」があるものです。

・ノリが悪いと思われるかも
・盛り上がっているのにしらけさせてしまうかも
・彼を喜ばせたい

また、彼に写真や動画に納めさせてほしいと懇願されるのは、女性として決して悪い気はしないという女性も多いです。 女性は自分の体に自信を持っていたいもの。 そこで、彼が写真や動画を撮影し保存したいと思うということは、自分の体にそれだけの魅力があるのだという風に理解する女性も少なくないのです。 そのため、比較的若くて肌ツヤ、スタイルなどのよい10代後半~20代前半の女性が、撮影を承諾してしまう傾向にあります。 特に深く考えず、遊びの一種として軽い気持ちで撮影を許してしまうというケースも多いようです。

■恋愛対象者を信じているからそこ、許す行為でもある

 例えば裸を取らせてくれと頼んでくるのが、一夜限りの行きずりの人だったらどうでしょう?  絶対に取らせたくないですし、その後その画像や動画をどう使うのか疑問に思いますよね。 しかし、交際クラブ・デートクラブ・パパ活で出会った好きな人や彼だったらどうでしょうか。 「かわいいから撮らせて。」と言われたら、ただそれだけの意味としてとらえることがほとんどです。 20歳そこそこの若い女性が、楽しい恋愛真っ最中の彼に対して、「この人と別れたとき、腹いせにネットに流されるかもしれないからやめよう!」という風には、なかなか考えられないでしょう。 逆を言えば、彼の方から「俺のこと信じられないの?」と問い詰められてしまうと、余計に断りにくくなってしまうというケースも。 相手を信じていて、一生一緒にいたいというくらい好きだからこそ許す。 そんな女性の純粋な気持ちを踏みにじる行為であり、非常に残酷です。

■もしも拡散されたら

 ネットに掲載されてしまった場合、削除要請をすることができます。 しかしリベンジポルノ規制法では、被害者からの削除要請から2日経過しないと実際に削除することができません。 公開から2日間のうちにどんどん拡散、保存されしまう可能性があるということです。 特にSNSでの拡散は非常に早く、2日間もあればあっという間に広まります。 ネット上に公開されている画像は、ワンクリックで簡単に保存可能です。 どこかの知らない誰かのデータフォルダに入った画像は、回収することができません。 規制法ができたからと言って、被害をゼロにすることはできないのです。

■危険性は拡散だけではありません

 例えネットに出回らなくても、何かの拍子に他人の目に触れてしまう可能性があるのも注意すべきポイントです。 彼のスマホやパソコンなどに取り込まれた画像や動画を、家族や友人などが見てしまう可能性もゼロではありません。 ネットに流出したり、拡散されたりしなくても、あなたの写真や動画が誰かの目に触れる危険性は潜んでいます。 ですのでどんなに好きな相手でも、どんなに頼まれても、万が一のことを考えて拒否する勇気が必要なのです。 また、これを拒否することで怒ったり、無理やり撮影しようとしてくるような男性は危険です。 「やっぱり恥ずかしい」「誰かに見られたら困るから消してほしい」このように願い出ても聞き入れない人、何度も撮らせてほしいと要求してくる人などは、女性を性欲対象としてだけ考えている可能性もあります。 恋愛関係にあるのなら、対等な立場で付き合うことが大事です。 「彼が怖くて言えない。」「彼があなたの言い分を聞いてくれない。」 このような関係になっている場合、それは理想的な恋愛ではありません。 あなたの「嫌だ」という主張をしっかり受け入れてくれる相手と付き合うことがベストでしょう。

■最後に

 いかがでしたでしょうか。 楽しい恋愛の最中、相手に夢中な時期に注意したい、プライバシーレベルの高い画像や動画についてまとめました。 信頼できる交際クラブ・デートクラブで出会ったお相手だったとしても、決して遊び半分で撮ったりしないこと、そして撮影済みのものがある場合すぐに消してもらうように彼に申し出ましょう。 もし応じてくれないのであれば、相手との関係も見直したほうがいいかもしれません。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top