パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 恋愛の夏バテ。なんだかお疲れ気味の女性へのアドバイス3つ

恋愛の夏バテ。なんだかお疲れ気味の女性へのアドバイス

 世間は夏のきらびやかな雰囲気でいっぱい。 夏ならではのイベントが各地で開催され、夏は恋愛を楽しもう!積極的に行動しないのなんて有りえないといった感じです。 しかし、そうして周囲の浮ついた雰囲気に便乗して、必要以上にアクティブに行動して少し無理をしてしまうこともありますね。 いや、自分も夏を楽しみたいんです。 しかし、猛暑に出かける予定をたくさん入れすぎたり、食事をきちんと摂れなかったり、そして夜に良く眠れなかったり。 こういう毎日を過ごしていると、やはり体への負担も溜まっていきます。 その結果夏バテ。 また、夏に「夏ぼっち」なんて耐えられない。 自分の条件に合っていない男性でも無理にお付き合いを始めてしまう。 そんな無理がたたると良くありません。 恋愛も無理をしたものであれば、いずれは悲しい結末になるでしょう。 そこで今回は、お疲れ気味の女性へ心を軽くする魔法のアドバイス。 疲れちゃったと認めて、楽になりましょう。

恋愛夏バテ度をチェックする

 まずは、どの程度恋愛の夏バテをしているか自分で確認しましょう。 以下の項目に当てはまるかどうかチェックしてくださいね。

・もともと夏が苦手
・気合を入れないと出掛ける気がしない
・出会いを求めて行動するのが億劫
・バーゲンセールに行く気が起きない
・露出の多い服装の女性をみるとイライラする
・今年は新しい水着やサンダルを買っていない
・夏だというのに、冷房対策の服装を着ている
・夏らしいイベントは、誘われても断っている
・最近体が重い

すべて当てはまる人は、完全に恋愛の夏バテ、そして半分以上当てはまる人も少し夏バテをしていると言えます。 恋愛モードや女子力が低下している、そして本人もなんだか疲れちゃったと感じていることでしょう。 そんな時、どのような対処をすれば良いのでしょう。

無理をしない、何もしない

 夏だから海に行かないといけない!と言ったステレオタイプになる必要はありません。 海に行くまでの渋滞、混雑するビーチにと、体力を使い果たすのは大人の女性には似合いません。 恋愛に関しても同じです。 夏に恋人がいないのは恥ずかしいといった気持ちを持つ必要は全くなし。 またデートにしても行きたいときは行く、気が進まないときは行かなくてよいのです。 交際中の男性に合わせて、気が進まないまま出かけると、どこかでその影響がでてしまいます。 渋滞の帰路、疲れ果てて、来なきゃ良かったなどと思うのは、相手の男性にも大変失礼です。 交際中の男性に海に行くのは気乗りがしない旨、あなたの気持ちをはっきり伝えます。 海デートを断った日は、それぞれが家でのんびり過ごす、午後だけカフェなどで会って過ごす、といった余裕のスケジュールにするのが吉です。 余裕のある時間の過ごし方をすることで、また気力がみなぎってくることでしょう。

規則正しい生活をする

 何かとイベントが入りやすい夏。 いつもより忙しいプライベートを過ごすことで、自律神経が乱れる要因にもなります。 夜遅くまで起きていて朝が起きれないといったサイクルには陥らないように気をつけます。 朝は決まった時間に起きる、3食をきちんととる、十分な睡眠時間をとるなど、規則正しい生活をすると元気がでます。 食事も、暑いからといって冷たい簡単なメニューばかりにしていると、体力が落ちてしまいます。 タンパク質・ビタミン類・ミネラルなど、栄養バランスの取れた食事をとるように心がけ、ビールや白ワインなど冷たい飲み物ばかりを飲むことも控えましょう。 こうしたバランスの良い生活を送ることで、精神的も体力的にも大きすぎる変化のない安定した状態を手にいれることができます。 この安定した心の状態が保てれば、交際中の男性へ優しくできたり、積極的になれるので、恋愛に関しても良い影響がでるでしょう。

行く先は海でなくて大丈夫

 夏、海、BBQイベントなどなど、キラキラしたものだけが夏のものとは限りません。 夏バテ気味の体と心には、ときどきこのキラキラしたものが負担になることがあります。 大人の女性であれば交際中の男性と、静かな美術館や高原の避暑地などに行くのを提案してはいかがでしょう。 冷房の使いすぎや、夏ならではの雰囲気に身体のだるさを覚えていた女性も、静かな美術館や高原の爽やかな環境の中で、自分を取り戻す良いチャンスになります。

まとめ

 夏は良い意味で気合が入る季節。 それだけに回りに影響されて、自分に無理を強いることもあります。 交際相手がいない女性は、アフターワークは飲みにいく場面へ、週末も混雑覚悟の行楽地へ、出会いを求めて出かけていきます。 出会った人とは「ひと夏の恋」で終わり、次の恋人探しに気持ちが落ち着きません。 交際している男性とは、周りがそうしているからと、この夏は行楽地や旅行の計画しなくてはというプレッシャーによって動かさせられる状態になる場合も。 自分に無理があるようでは、恋愛もうまく行かないだけでなく、体調に影響もでてしまいます。 ポイントは、自分が気乗りしないことにはNOと言えることではないでしょうか。 そして、疲れたと感じたら、疲れたと言っちゃえることで自分を解放します。 無理せず、楽しい夏にして素敵な男性と過ごせるようだといいですね。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top