パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | お相手に負担を感じさせずに恋愛を育てる方法

お相手に負担を感じさせずに恋愛を育てる方法

 男性でも女性でも、大切にしたい関係の時ほど「嫌われたくない」「お相手の負担になりたくない」など、慎重に愛情を育てていきたいと感じるのではないでしょうか。 いくら好きだからといって、自分の欲求のまま、感情のままに振る舞ってしまうと、残念ながら多くの場合、お相手は離れていってしまいます。 恋愛経験が未熟だった頃にこうした体験をして、今では苦い思い出になっているという方も少なくないでしょう。 それでもやはり、冷静にコントロールしきれないのが恋愛感情というもの。 つい、「会いたい」と言い過ぎてしまったり、ほんの数時間の既読無視でイライラしてしまったり、お相手の異性の友だち関係にまでヤキモチをやいてみたり、なかなか上手くいかないものですよね。 これらはほんの少しであれば恋愛の隠し味として、良い刺激となってくれます。 しかしこうした態度が続くとお相手との衝突が増え、お互いに疲れ切って破局、狂おしいほど好きだったはずなのにお別れするような事態になってしまいます。
 そこで、交際クラブ・デートクラブ・パパ活中の皆様に、大好きなお相手が「負担だな」と感じるときはどんなときか、そしてそれに対処できるような心構えについてご紹介します。 恋愛はついワガママになってしまいがちですが、大人にふさわしく思いやりのある恋愛を育てていきましょう。 お相手の感じる負担は大きく分けて3つ、「時間的な負担」「金銭的な負担」「精神的な負担」があります。

■時間的な負担について

 まず前提として、人付き合いは「お相手と自分の人生の一部分を分け合っている状態」といえます。 自分の時間をお相手にあげて、お相手の時間をもらう。 このようにお互いの人生のうち数時間、数日間、数年間といった時間を一緒に過ごし、分け合っているのです。 大好きなお相手だとついたくさん、お相手の時間が欲しくなります。 電話したい、毎週末会いたい、もっと一緒にいたい、こんな風に思うのは当然のことでしょう。 しかしここでお相手の都合を考えることが出来るのが大人というもの。 お相手にだって、仕事の時間もあれば、友だちと遊ぶ約束もするでしょう。 また平日ハードに働いた週末はひとり静かに休みたい、ということだってあるでしょう。 こんな時、「会いたくないの?」とか「一緒にいるよりひとりでいたいなんて、もう冷めた?」なんて思ってはいないでしょうか。 さらに思うだけならまだしも、お相手に言ってしまっていないでしょうか。 本当に愛情が冷めてしまっている場合もないとは言えませんが、多くの場合、単に「時々ひとりの時間や恋愛以外の時間も必要」なだけです。 会いたい気持ちが一方通行なのではなく、お相手の会いたいと思うタイミングや用事のタイミングが違っただけなのです。 お相手の時間は、元々お相手のもの。 時間をもらおうとし過ぎると「負担だな」と感じられてしまう可能性が高いので注意が必要です。 待ってあげるのも、時にはそっと見守るのも、ひとりの休日を認めてあげるのも、愛情のはずですよね。

■金銭的な負担について

 また、金銭的な負担も大人の恋愛では気をつけておいた方が良い要素です。 意見は様々ですが、一般的には男性が多く出すか全額支払う、というのが多数派のようです。 次に多いのは男性がやや多いか割り勘、という支払い方。 ここでは男女どっちが多く払うか、ということはあまり問題ではありません。 お相手に負担を感じさせないための心構えとしては、支払うお相手に「少し出させて」のようにひと声かけることが負担を抑える第一歩です。 そして、どちらかが多く支払う場合でも、割り勘でも、身の丈に合った支払いを心がけることが大切です。 交際クラブ・デートクラブ・パパ活で出会うなど、お金持ちの男性と若い女性のカップルにはよくこうしたミスマッチを見ることが出来ます。 単に気持ちが良ければいい「遊びの関係」であれば、お相手に思い切り贅沢をさせてあげることをおすすめします。 しかし、本当に大切にしたい間柄、出来れば将来を共にしたいお相手なら、やり過ぎは禁物です。 自分で支払うことをしない贅沢を覚えてしまうと、お相手が将来、節度のない浪費家になりやすいからです。 その場で支払うお金の負担を軽くすることも大切ですが、将来への不安を感じさせないのも大切にしたいお相手に対しては必要でしょう。 「少し出させて」とお互いが言えるくらいの金額が、お二人にとってちょうどいい金銭的な負担と言えるでしょう。

■精神的な負担について

 そして最も気付きにくく、じわじわと効いてくるのが精神的な負担といえるでしょう。 お互いに気が付かないうちに仲が険悪になり、衝突が増え、残念な結末を迎えるような負担です。 これは、マイナスの言葉、マイナスの態度から生まれます。 特に何でもかんでも「ごめんね」と謝ってしまう人は要注意です。 無理言って会ってもらって言ってごめんね、負担になったらごめんね、といった言葉こそがじわじわと負担として降り積もっていくのです。 最初は些細なことですから気が付きませんが、実は言っている方にも、受け取る方にもストレスです。 そしてこうしたマイナスの言葉や態度は自分に自信のない男性、女性に多く見られます。

■最後に

 時間的負担のお話でお伝えしたように、お互いがお互いの人生を分け合うのがお付き合いです。 人生とはつまりその人に与えられた「限りある時間」のことなのですから、お互い分け合っている限り対等です。交際クラブ・デートクラブ・パパ活で出会ったお相手だったとしてもそれは同じことです。 一方的にもらっているのでも与えているのでもないのですから謝る必要はなく、ありがとう、助かるよ、きみのおかげだよ、などプラスの言葉や態度でいいのです。 今すぐにでも、変えられるところは意識して変えた方がいいでしょう。 そしてもしご縁があれば。 お互いの人生という限られた時間と、豊かに暮らすために必要なお金と、感謝や思いやりの心を共有していこう、という約束をすることになるでしょう。 それが結婚という名の、人生の中でも大きな約束です。 いつも同じように分かち合って、感謝する、それはほんの少しの普段の行動から始まっているのです。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top