パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 恋人の短所ばかり目につく時にするべきこと

恋人の短所ばかり目につく時にするべきこと

 あなたはこんな経験をしたことはないでしょうか。 「なんだか最近彼(彼女)の嫌な部分ばかり気になって、考えれば考えるほど幻滅していく。。。」 「良いところをみつけようと思うのに、嫌なところしか見つからない。。。」 付き合い始めは「好き」の気持ちだけていっぱいだったはずなのに、おつきあいが長くなるにつれ、誰でも相手の短所が気になってくるもの。 一度嫌な部分が目につき始めるとそればかりがクローズアップされ、会うことすら苦痛になってしまいかねません。 もう1ミリの愛情も残っていない、という場合は別ですが、何故嫌なところばかり気になってしまうんだろう、何故こんな嫌な思いをしないといけないのだろうと思っている方は、是非これからお伝えする内容を参考にしてみてください。

1.短所ばかりが気になる理由

 まず、あなたが彼(彼女)と付き合い始めた時の事を思い出してみましょう。 その時、あなたは相手の短所が気になっていたでしょうか。 そんなはずないですよね。 それよりも相手の長所ばかりが見えていたはずです。 つまり、相手という一人の人間の「氷山の一角」だけを見ている状態でした。 しかし、お付き合いを続けていけばいくほど、今まで知らなかった部分を沢山知ることになります。 それが尊敬できることばかりであれば良いのですが、そんなパーフェクトヒューマンはこの世にいるはずもありません。 人間は誰でも長所と同じくらいかもしくはそれ以上に、短所だって持っているもの。 もちろん、これを書いている私も読んでいるあなたも、例外ではありません。 ここでポイントになるのが、付き合い始めの印象が「100点」で始まっているとしたら、その後は短所が見つかるたびに「減点」されていくということ。 プラス方式ではなく、減点方式のお付き合いになってしまうのです。 お付き合いを続けていくうちに長所がみつかったとしても、最初の印象が「100点」であれば「やっぱり100点満点の彼(彼女)だ」という判断になるだけで、それ以上プラスになっていくことは人間の心理的になかなか難しいことなのです。 それに対し短所が見つかった場合は、最初が「100点満点」だっただけに、本来ならマイナス5点程度の短所であってもマイナス30点くらいに感じてしまうわけです。 この現象は特に、交際している場合や仲の良い友人などで顕著に起こります。 逆に、第一印象で苦手だと判断した人の場合を考えてみてください。 最初がマイナス50点で始まっている場合、その人に長所がみつかると「思っていたよりいい人だな」と、一気にその人への評価が上がったりしませんか?  このように、人は初対面の印象が良ければ良い程(こういう人なんだろうな、という期待値も含みます)、おつきあいを続けていくうちに見えてくる短所に落胆してしまうものなのです。

2.短所が気になる人には2タイプある

 ここまでで、短所が気になってしまうメカニズムはわかりました。 では短所が気にならないようにするには、どうすればよいのでしょうか。 ここで一つ注意しなければならない点があります。 実は、短所が気になる人には2通りあるのです。 どちらのタイプかによって対処法も異なってきますので、恋人の短所が気になって仕方のない方は、自分がどちらのタイプに当てはまるのか、考えながら読んでみてください。

タイプ1:理想が高い人
恋人は自分の欲求を100%満たしてくれるものだと思っている人は、このタイプになります。 相手に対して求めるハードルが高いのが特徴です。 学歴や年収、外見もそうですが、それだけにとどまらず、いつも自分を笑わせてくれるかどうか、体の相性がいいかどうかなど、付き合っていくうちにわかることについても最初から理想があり、それに満たない場合は「面白くない人」「体の相性が悪い人」といった風に、短所のレッテルが増え続けていきます。 その結果自分の理想にはほど遠いという事実に耐えきれなくなり別れてしまうのです。

タイプ2:他人に対して「許せないこと」が多すぎる人
几帳面だったり完璧主義な人にこのタイプの人が多いです。 特に、掃除の仕方や頻度だったり、期日や時間を守ることや、衛生面やマナーの事であったりする場合も多いようです。 たとえばお風呂場の排水溝に髪の毛が溜まっていて幻滅したり、デートの約束時間を毎回数分遅刻するなど、些細なことですが気になり、許せないと思ってしまうようです。

3.相手を変えずに「気の持ち方」を変えてラクになろう

 自分がどちらのタイプに当てはまりそうかわかれば、あとはそれを改善するだけです。 とはいえ、「なんで私が?改善するのは相手でしょ?自分ではないでしょ。」と思いますよね。 しかし実は一番簡単で効果的なのは、相手を変えることではなく、自分が変わることなのです。 相手に短所を改善してほしいとどんなに要求したとしても、本人に改善の意識がなければ逆に嫌がられるだけです。 しかし「自分自身のものの考え方」であれば、自分が納得すれば改善できます。 それだけで、相手は変わらずとも自分の気持はとても楽になるのです。 どうしても相手の短所を直さなければ気が済まないというのでなければ、是非、これからお伝えすることを実践してみてください。

タイプ1(理想が高い人)の改善方法:
まず、相手の未知の部分まで把握する能力は自分には無い上でおつきあいしている、ということを受け入れましょう。 つまり、自分の理想と100%合致する人はいないということを自分自身で受け入れた上で、相手を受け入れ、おつきあいするのです。 理想は特に消さなくても構いません。 ただ、その理想を、おつきあいしている相手に求めることをやめてみましょう。 意識的にそうすることで、「自分の理想には合っていないけれど付き合っているのはなぜだろう」と考えるようになります。 すると不思議なことに、「彼(彼女)は○○だから、自分は付き合っているんだ」と、相手の長所に目が向くようになるのです。

タイプ2(許せないことが多すぎる人)の改善方法:
このタイプの人は、得てして真面目でしっかり者で、自分でなんでもそつなくこなせるタイプの人が多いはずです。 そのため、自分にとっては当然であることができない他人を「こんなこともできないなんて」と思ってしまいがちです。 このタイプの人は、まずは「許せないことが多すぎる自分に問題がある」ということを認識する必要があります。 人は誰しも育ってきた環境も異なりますし得意・不得意も異なるのですから、自分だけの狭いものの考え方を一度捨ててみることです。 そうすればおのずと、「彼(彼女)にとってはそうなんだな」と、相手の短所や苦手な部分を認められるようになるでしょう。

4.最強の特効薬はこれ

 上記の改善方法でも気持ちが楽にならない!という場合、是非やってみて頂きたいのがこちらの方法です。 それは、相手の短所に対してどうしても我慢ならなくなった時、それが自分にとって「単なる欠点」なのか、「決定的な欠点」なのかをはっきりと区別することです。 区別するポイントは、世間的な価値観ではなく、自分が耐えうる欠点かどうか、という点から区別することです。 たとえば、恋人が浮気ばかりしているとしたら世間一般的には「決定的な欠点」にも見えますが、中には「浮気ばかりだけれど最後には自分のもとに戻ってくるから自分としては許容範囲内」という風にとらえ、浮気を「単なる欠点」だと思う人もいるでしょう。 事実は同じでも、それに対する判断は実に人それぞれなのです。 相手の短所に思えることを自分の判断基準で考えた時、それが「単なる欠点」であるのならば、目をつぶりましょう。 時には自分の意見をやんわり伝えて、変えてもらえたら嬉しいな、くらいでいいのかもしれません。 それに対し、「決定的な欠点」であった場合は選択肢は2つです。 どうしても我慢できず耐えられない場合は根本的に価値観が異なる可能性もあるため、お別れを選ぶのが最善策な場合もあるのが一つ。 もう一つは、もしこれからもおつきあいを続けていきたいとしたら、相手に自分の気持ちを率直に伝え、話し合うことです。 この時、相手の短所を認めた上で自分の価値観を話し、お互いの妥協点を見つける方向にもっていきたいことをきちんと伝えておくようにしましょう。 お互いが尊重し合えていれば、折り合いをつけるための着地点を二人できっと見つけられるはずです。

まとめ

 いかがでしたか?  相手の短所ばかり気にしていると自分の気も滅入りますし、考えているだけで疲れてしまうものです。 自分自身がハッピーな気持ちで恋愛するためにも、こういった対処法を恋愛の処方箋として、心の片隅に是非準備しておいてくださいね。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top