パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 年の差カップルでもうまくいく!そのコツとは

年の差カップルでもうまくいく!そのコツとは

 『愛があれば年の差なんて』という話をよく耳にします。確かに、世の中にはたくさんの年の差カップルがいますし、実際に結婚して幸せな家庭を築いている人達もいます。 ただ、やはり同年代のカップルにはない問題もいろいろあるものです。 そして、それが原因で破局しているカップルも少なくありません。 実際好きになれば年齢差なんて関係ないと思いがちですが、やはり年の差カップルで起こりうるトラブルをしっかりと回避していかなければ破局に繋がってしまいます。 交際クラブ・デートクラブ・パパ活では、年の差カップルになる可能性が大きいのでうまくいくためのコツを知っておきましょう。

■年の差カップルのトラブル原因

・年下の恋人の常識のなさ
年の差カップルで起こりうるトラブルとしては、まずは年下の恋人の常識のなさに腹を立ててしまうということです。 年上の方は、当たり前ですが年下よりも長く生きている分人生経験も豊富です。 そのため、常識やマナーに関してはいろいろと経験して知っています。 そのため、年上から見れば当たり前のことであっても、年下は知識や教養が少ないので知らない事もたくさんあります。 自分に対してだけならまだしも、その常識のなさ、マナーの悪さにより周囲に迷惑をかけてしまうようだと、『こんな常識も知らないの?』と喧嘩になってしまうこともあります。

・考え方や価値観の違い
また、考え方や価値観の違いもトラブルの原因です。 いろいろな問題に直面した時に年上はこれまでの経験をもとにしてベストな方法を提案することでしょう。 ですが、それが年下からすれば『考えが古い、柔軟性がない』と思ってしまいがちです。 そして年上は年下が提案したことを一方的に却下してしまいがちです。 若いから考え足らずだ、年を取ってるから考えが古いんだ、と喧嘩の原因を年の差にしてしまいます。 どちらの意見に決定するにしても、そもそもも価値観が違うので、選ばれなかった方は納得がいかないままになってしまうでしょう。

・外見の年の差
そして、外見の年の差も喧嘩の元になる事があるようです。 年齢が10歳違うとして、30歳と20歳ならどちらもまだまだ若いので、若く見える30歳なら年齢差ほど違いを感じないものです。 ですが、それが40歳と30歳になると、見た目もだいぶ違ってきます。 女性が年上ならシワやたるみも出てくるでしょうし、男性が年上なら薄毛、加齢臭、白髪なども出てきてしまいます。 30歳女性なら美意識も高いのでまだまだ20代中盤に見える人もいます。 ですが40歳男性だと、人によってはメタボ体型になって白髪頭、薄毛になって、50代くらいに見えてしまうこともあります。 実際は40歳と30歳はどちらも精神面では大人になっているので年の差を感じることも少ないのですが、こういった見た目でトラブルになる事はあります。 例えば、年上の人が“お父さん”や“お母さん”に見られてしまえば、『どうせ私はおばさんです!』と不快になり、いくら取り繕おうとしても機嫌が戻らずに喧嘩になってしまうこともあるでしょう。 結局そこで年の差を実感することになり、そこから破局になることもあります。

■年の差カップルがうまくいくコツ

・年の差をあまり意識しない
年の差カップルでうまくいくためには、同年代カップルにはないコツが必要になります。 まず大切なのは、なんといっても『年の差をあまり意識しない』ということです。 まるっきり意識しないのは無理ですが、極力気にしないことです。 どちらにも言えることですが、考えの違い、価値観の違いを年齢のせいにしないようにしましょう。 同年代カップルでも考えや価値観が違うことはたくさんあります。 もめた場合でも、絶対に『考えが古い』とか『年下だから』と思わないこと、そして口に出さないことです。 あくまで同等の立場でいることが年の差カップルがうまくいくコツです。 これは年上の方にはちょっと厳しいことかもしれませんが、年下だから、という目で見ないようにしましょう。 そして年下も注意する点があります。 それはいくら同等の立場でいる、とはいっても人生経験が豊富なのは間違いなく年上です。 ですので、年上の方を尊敬する、敬意を払うという気持ちは持ち続けて接しましょう。

・趣味・趣向を強要しない
どうしても避けられないのはお互いの趣味・趣向ではないでしょうか。 同年代カップルなら、同じ趣味・趣向を持って楽しむ事も十分あり得ますが、年齢差が大きくなればなるほどジェネレーションギャップは避けられません。 本来なら一緒に楽しむことが一番ですが、どうしても好きになれない人もいます。 例えば20代の方がフットサルが趣味だとして、それを40代と一緒にというのは体力的に無理でしょう。 逆に40代の方が好む音楽を20代に聴かせても、イマイチ盛り上がらないのではないでしょうか。 ですので、そういった趣味・趣向は相手に強要せず、そして相手の趣味を認めてあげる気持ちが必要でしょう。

まとめ

 矛盾しているかもしれませんが、年の差カップルがうまくいくコツは、年齢差を意識しないで、それでいてジェネレーションギャップをしっかり受け入れる、認めることです。 年の差があってもお互いが好きになる、ということは年齢差以上の何かがあったはずです。 ですので、それを乗り越えれば年の差なんて関係なくなります。 上記のことを踏まえ、交際クラブ・デートクラブ・パパ活を成功させましょう。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top