パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | どうしても止まらない!嫉妬心を抑える5つの方法

どうしても止まらない!嫉妬心を抑える5つの方法

 恋愛するうえで課題となることの一つとして、「嫉妬心」が挙げられます。 交際相手の浮気を疑ってしまったり、別の異性からの誘惑があるのではないかと不安に思ってしまったり、嫉妬を一度でも感じるとコントロールは非常に難しいものです。 しかし嫉妬心を強めても、残念ながら何も生まれません。 むしろ相手へのイライラや束縛など悪いものばかりを生み出してしまうため、嫉妬がつい強くなってしまう人は、その嫉妬心とうまく付き合うすべを身につける必要があります。 今回は、嫉妬心を抑えるために重要な気持ちの整理術をご紹介していきたいと思います。

1.嫉妬の原因を探ってみる

嫉妬してる女性

 まずは一度嫉妬の原因を探ってみてください。 嫉妬の原因となっていることを理解することで、気持ちの整理がつく場合もありますし、嫉妬を感じないための解決策を練ることもできます。 大事なのは自分がただ考えすぎているだけなのか、相手に非があるのかどうかという点です。 強い嫉妬を感じてしまう人の傾向として、前者の自分の考えすぎはやはり一番多いです。 自分がとにかく心配性で浮気ばかりを疑ってしまうのなら、その心配性をどうにか改善していく必要があります。 もちろん心配してしまう気持ちをすぐに解決するなんて簡単なことではありません。 ただ、嫉妬の理由が分かるだけでも、気持ちは少し楽になるのではないでしょうか。 場合によっては後者の相手に非があるパターンもあり得なくはありません。 例えば相手の浮気癖が激しかったりすれば、浮気をつい疑ってしまうのは当然ですし、嫉妬心を強めてしまうのは相手に原因があると言えるでしょう。 後者の場合は、つい嫉妬してしまう自分を責める必要なんて全くありません。 むしろ相手の悪い部分を直してもらうようにしっかりと話し合う必要があります。

2.自分に自信を持ち相手を信じる

 嫉妬は自分への自信の無さから生まれます。 自分という人間に価値を見いだせないからこそ、交際相手が別の異性に目を向けてしまうのではないか…という不安を感じしまうようになります。 まずは自分に自信を少しでも持つようにしましょう。 とはいっても普段から不安を感じやすい性格の人は、いきなり前向きになって自信たっぷりになるのは難しいかもしれません。 少しでも自信を持つために必要なのは、今自分と交際相手が、恋人として交際しているという事実を信頼することです。 大事な交際相手に選んでもらった自分ですから、相手に簡単に飽きられるなんてこともないはずです。 一緒にいるという事実がある以上、簡単に疑うのも失礼ですよね。 自分に自信を持ち、相手を信じることを忘れなければ、きっと嫉妬なんていずれは感じなくなるはずです。

3.どうしようもないからこそ成り行きに任せる

 嫉妬はいくら感じてもどうしようもない感情の一つです。 心配事は自分が納得しない以上いつまでも心配事としてつきまとうように、嫉妬心も自分が納得して解消しないかぎりいつまでも感じてしまうことです。 どうしようもないことをいつまでも心配していたり、不安に感じていても仕方がありません。 自分ではどうしようもないからこそ、成り行きに任せて考えるのをやめる強さも持つべきでしょう。 「なるようにしかならない」、そう思うだけでも気持ちは楽になるはずです。 嫉妬するよりも、次のデートはどこに行こうか…と楽しいことを考えられるのが一番ですね。

4.嫉妬と闘っていることを相手に話す

 自分がつい嫉妬心を強めてしまうことを課題に感じているなら、嫉妬と闘っていることをあえて相手に話しておくことも必要なことかもしれません。 やたらと嫉妬心を出してしまうと、相手には面倒臭い気持ちから警戒されることも多いです。 しかし自分でも嫉妬の気持ちをなんとかコントロールしたいと思っていて、そのことと闘っているのだと話しておけば、嫉妬しても気持ちが多少は楽になります。 また、交際相手も嫉妬を感じさせないように少し配慮してくれる場合もあるかもしれません。

5.仕事や趣味など無心になれることに打ち込む

 嫉妬心にさいなまれてつらい思いを重ねていても恋愛は楽しめませんし、交際相手も困らせるだけです。 どうしても嫉妬心を抑えられない場合は、仕事や趣味などの無心になれることに打ち込んで、気持ちを整理することも大事です。 強引に嫉妬の気持ちを忘れるようにするというわけです。 なりゆきに任せた方が気持ちは楽とは前述しましたが、やはり経過を黙って見守る強さを持つのは難しいことです。 嫉妬の気持ちに押しつぶされそうになることはあるでしょう。 だからこそ恋愛以外のことをして、強制的に何も考えないようにすることが大事なのです。 嫉妬に悩む人は、まず何も考えないようになる状況を別で作っておくことも必要なことかもしれません。

まとめ

 嫉妬を抑えるのは簡単なことではありません。 嫉妬はその人の考え方や性格によって生まれることが多いので、嫉妬心を克服してコントロールすることは性格自体を変えることとほぼ同義なのです。 ですがいつまでも嫉妬を感じていても、やはり生まれるものは何もありません。 まずは嫉妬の原因を理解し、自分に自信を持つよう気持ちを改めましょう。 どうしようもない感情と闘っている自分を、ぜひ解放してあげてくださいね。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top