パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 恋愛が辛くなるかも。片思いを長く続けるリスク6つ

恋愛が辛くなるかも。片思いを長く続けるリスク6つ

片思いの女性

 交際クラブ・デートクラブ・パパ活中の皆様は、長い片思いを経験したことはありますか?  恋愛をしていて楽しいと思うことは確かにたくさんありますが、一方で辛いと思うことも多いものでしょう。 特に片思いを長く続けることは、辛いことも増えて、本人が思っている以上に大変です。 あなたは意中の人を想い続けてどれくらいの時間が経ちますか?  片思いを長く続け過ぎると、実はさまざまなリスクが高まるのです。 今回は、片思いを長く続けることによって生まれるリスクをご紹介していきたいと思います。 長い間抱えている片思いの恋の処理に悩んでいる人は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

◆長いからこそ前進も後退もチャンスを見失う

 長く片思いを続けていると「ずっと前から想っているから、まだまだ諦めない」という強い気持ちを持つことは確かにできるでしょう。 長く相手を想ってきたからこそ、簡単には諦めないと思えることは大事なことです。 しかしよくよく考えてみてください。片思いを長く続けて諦めないことは、実はそこまで褒められたものではないのです。 最終的に思いが実らなければ、3ヶ月片思いしたのも、10年片思いしたのも同じようなものなのです。 片思いを長く続けると、後退する=諦めることは確かに簡単にはしなくなるでしょう。 しかし長く続けているせいで「いつでも良い」という思いが生まれ、前進する=好意を伝えるチャンスも見失ってしまいがちになります。 長い片思いは、諦めるタイミングも確かになくなりますが、同時に告白するタイミングを見失うことにもなるのです。

◆ネガティブな気持ちしか生まれなくなる

 長い間片思いを続けていると、人は正直ネガティブな気持ちにしかならなくなります。 脈ありかどうか考えてワクワクするのは残念ながら最初のうちだけで、やがて慣れてくると、嫌なことばかりを考えてしまいやすくなるのです。 そのためいつも「あの人はきっと別の人が好きなんだろう。」と根拠もなく思ってしまったり、「片思いなんてやめたいなあ、好きにならなければよかったのに」と辛いことばかりを口にするようになります。 片思いを長く続けることは、性格自体をネガティブなものに変えてしまいやすくなるのです。 自信喪失の状態にも陥りやすくなるでしょう。

◆片思いを長く続けることが当たり前になる

 片思いを長く続けていると、残念ながら他の人に好意を持った際にも同じような恋愛の仕方をしてしまう可能性が出てきます。 意中の人がいてもなかなか思いを伝えないでいることが当たり前になり、報われない片思いばかりをする状況を自分でいつも作り上げてしまうことになるのです。 片思いを長く続けることは、自分の恋愛における消極的な姿勢を作ることに繋がります。 いつも片思いばかり、恋が叶わないことばかり、と悩む人は、片思いを長く続けることが癖になっているのです。

◆恋愛経験を積むチャンスが減る

 片思いを続ける人は、平気で何年もその思いを抱え込んでしまうところがあります。 片思いばかりのせいで、何年も恋人がいない状態を続けている人も実は多いのではないでしょうか。 一人の人ばかりを一途に想い続けることは、確かに否定するべきことではありません。 しかし自分が消極的なせいで片思いを続けているなら、自ら恋愛経験を積むチャンスを逃してしまっているようなものでしょう。 この片思いを続けている間にもし別の人と恋愛をしていたら、と思わず今の状況を嘆く人は多いはずです。

◆近くにある出会いに目が向かなくなる

 片思いを長く続けていると、自分の身の周りにある出会いに目が向かなくなることもリスクの一つとして挙げられます。 自分には決めた人がいるという気持ちから、新しい恋愛を始めるチャンスがあってもつい目を背けてしまうのです。 人の出会いには、どんなチャンスがあるか分かりません。 また、どんな出会いが良い結果に繋がるかも分かりません。 恋愛経験をたくさん積んでいける人は、やはり周りの出会いに対して前向きになれる人でしょう。 片思いの恋にばかりこだわっている人は、周りに良い出会いがあっても、そのチャンスを逃してしまうことは多いです。

◆恋愛自体が嫌になる

 叶わない片思いを長く続ければ、当然、恋愛に対して考えるイメージも悪くなるでしょう。 「恋愛なんてしてもつまらない」「どうせ自分は誰かに好意を持っても、その人と交際できることはない」なんて、後ろ向きなイメージを持ってしまいがちになります。 そのせいで、恋愛自体が嫌になってしまう人も多いでしょう。 片思いを長く続けることは、軽い恋愛のトラウマを増やしてしまうことにもなりかねないのです。

◆まとめ

 片思いを長く続けることのリスクについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?  同じ人をずっと想い続けると言えば聞こえは良いものですが、やはり前進も後退もしない状態を長い間続けていることは、好ましい状況ではありません。 片思いがやたらと長いせいで、恋愛自体に後ろ向きな思いを持ってしまうことも多くなるでしょうし、自信喪失にも陥りやすくなります。 それは今後恋愛をしていくうえでも大きな支障をきたすことになるでしょう。 片思いをするなら、いつまでにはケリをつけると覚悟を持ち、相手と向き合うことを意識した方が良いかもしれませんね。 交際クラブ・デートクラブ・パパ活で新しい恋をみつけましょう。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top