パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 男性が初対面から“無理”と思う女性の言動

男性が初対面から“無理”と思う女性の言動

 男性も女性も初対面は非常に大切なものです。 第一印象は最悪だけど、意外な一面が見えてきて徐々に好きになる、なんてケースもよくある話ですが、実際は初対面が最悪だと、違う一面を見る前に“無理”と思ってそこから発展しないで終わってしまうケースもあります。 逆に、好きになってしまえば、本来なら自分的には嫌いな面でも受け入れられるようになるものです。 つまり、第一印象は良いに越した事はありません。 好みは人それぞれですが、多くの男性が初対面から「この人はちょっと“無理”」と思ってしまう女性もいます。 なかなか自分を好きになってくれる男性が現れない、女友達だけがどんどん彼氏ができる、と思っている女性はもしかすると、そういった男性が“無理”と思ってしまう行動をとっているかもしれません。

1.タバコ

タバコを吸う女

 たいていの男性が、初対面で“無理”と思ってしまう女性の行動としてはタバコがあります。 最近はタバコを吸う女性も増えてきていますから、昔のように『タバコを吸う女性は好きになれない』という頑なな男性は少なくなっています。 ただ、初対面から堂々とタバコをふかすのは良い印象は与えられません。 女性からすれば『カッコいい女性』アピールしているつもりなのでしょうが、男性はそういう目で見る方はほぼいないでしょう。 タバコを吸う男性でもそうなのですから、タバコを吸っていない男性はまず“無理”と思うことでしょう。 しかも、その吸い方がテーブルに肘をついて吸ったり、ましてや鼻から煙を出したりすれば、おそらくその時点でアウトです。 友達としてならいいですが、当分女性と見られる事はないのではないでしょうか。 たとえ普段タバコを吸っていたとしても、初対面の時くらいは我慢するほうがいいでしょうし、せめてそういう気持ちを持ってもらいたい、というのが男性の本心です。

2.気遣いのできる女アピール

 男性はよく気が付く、気遣いのできる女性を好みます。 ただ、それがいかにも『私は気遣いができる女です』的なアピールは逆効果です。 例えば、飲み会などで率先してサラダや料理を取り分ける行動です。 明らかに“気遣いができるでしょ”アピールにしか男性は見ていません。 もちろん、取り分けでくれること自体は悪いことではありません。 ただそこにわざとらしさが入ると男性は、「あぁ、アピールしているな」と思い、“この人は無理”と思ってしまうでしょう。 例えば、自分から離れているところにサラダがあるのに、わざわざ他の人を押しのけて取り分けようとするとドン引きされます。 そんな時は、「それ食べたいから、こっちにも分けて~」と素直に言ったほうが可愛げがあります。 そこで近くにいる人に「○○さんも味見してみますか?」と聞いて取り分けるのがスムーズです。 また、飲み物に関しても同じです。 グラスが空いたら注ぐのは気遣いでもありますが、それも空くのを待っているようだとウザくなってしまいます。 そして、大切なポイントは、特別な人にだけ気遣いを見せるのはもってのほかです。 明らかに気に入られようとしているのが見え見えで“無理”と思ってしまいます。

3.男性遍歴自慢

 会話の内容にも“無理“と思える言動があります。 それが元カレのことや自分の男性遍歴を堂々と話してくる女性です。 「私はこういう男性と付き合ってきたけど、○○だったから別れてしまった」など、聞いてもいないのに話してくるようだと、男性は「この子を誘ったら、それだけで周囲に言いふらすんだろうな。」と思ってしまいます。 また、それに並行して、トラウマとなっていることなどを話してきたら、もうドン引きでしょう。 もちろんそういう話は気になるところですが、初対面で親しくもない段階でそういう話は止めておきましょう。 それをネタにして“構ってほしい”感がでてしまい、重く感じさせてしまうでしょう。

まとめ

 初対面では、男性に気に入られたいという気持ちがあります。 それがたとえ特にタイプではない男性であっても、ついついアピールしてしまうものです。 傾向として女性の方が男性よりも多くの異性に好かれたい、という気持ちが強いと言われています。 もちろん、異性に自分をアピールすることは大切です。 ですが、それがやりすぎになってしまうことが問題です。 特に、セクシーな洋服、上目づかい、ボディータッチしまくり、といった周囲から見ても明らかにアピールし過ぎは、男性は「いつもこんな感じなのかな」と思って、喜んで見せながらも内心は“無理”と思っているでしょう。 かといって、すべてに関心がなさそうな女性も拒否されがちです。 例えば、男性が話をしているのに、聞いているフリをしながら傍らでスマホをいじっている、そんな姿を見たら、この人とはうまくいきそうにないな、と思うものです。 これが大勢で飲み会している時でも同じです。 みんなが盛り上がっているのに、一人だけいつもスマホを気にしている女性は「きっと面白くないんだろうな」と感じますし、LINEしているならおそらくその相手は男性の影があるので、“彼氏持ちなら無理”と思うものです。 初対面は男女問わず大切なものです。 親しくなれば気にならない行動でも初対面だけは止めておくべき言動があるので、その点だけは気をつけましょう。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top