パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 対等ではないカップルの危険性について

対等ではないカップルの危険性について

 交際クラブ・デートクラブでパパ活中の皆様、今のお相手とは対等といえますか?  お互いが好き同士のカップルというのは対等な関係であるのが前提です。 上司のようにどちらかが上とか、部下のようにどちらかが下の立場ということはありえません。 たくさん歳が離れていたり、元々職場の上司と部下の関係だったという場合はまた違うのかもしれませんが、ある程度年齢も近くて普通に出会った男女であれば、カップルという関係の中で対等の立場が維持されていくべきです。 ですが、カップルの中には完全に上下関係がある関係性の人たちもいて、傍目から見るとなんだかカップルというよりも上司と部下だねと言われるような関係になっている人たちもいます。 もちろん本人たちが良ければそれで良いのですが、もし片方が何か我慢していたり辛く感じているのであれば、別れる危険性が高いカップルと言えるでしょう。 ではここから、対等ではないカップルの危険性についていくつかその要因をご紹介したいと思います。 是非参考にしてみてください。

1.片方が何かを我慢している

 普通恋人同士は、お互いが話したいことを話して、行きたい所に行って何のしがらみもなく気楽に付き合うものですが、対等ではないカップルというのはある意味上下関係のような関係性があります。 上司と部下とか、先生と生徒とか、親と子供のような、片方が絶対的に強い立場、でもう片方が絶対的に服従的な立場に置かれるのです。 大抵は男性が上の立場になることが多いかもしれませんが、これはどちらかと言うと性格が関係しているのかもしれません。 俺様的な性格だったり、リードするような性格だったり、かなり勝ち気な性格だったり、たくさんの部下を持っているようなキレるタイプの性格だったり。 このようなタイプの男性は性格ゆえに上に立ちたがる傾向が強く、女性に対して対等というよりも上から意見を言いたがると言う傾向が強いようです。 女性の側も自分を引っ張ってくれる人がいいとか、男らしい人がいいと思って好きになった人なので初めはそれに従っているのですが、どうも恋人というような関係性ではないということに徐々に気付いてきます。 でもすでに出来上がってしまった上下関係なので、なかなかそれを対等な立場に持っていくことは難しいかもしれません。 ということは女性側がひたすら何かを我慢しているとか、本当は恋人として対等に接してほしいのにそうではない彼氏に不満を抱いているなど、何かをずっと我慢している可能性が高く、急にその限界が来て別れを切り出されると言うパターンもあるかもしれません。

2.上に立つ者の方が威圧的になる

 カップルの間に上下関係があると、上に立つ立場の恋人は絶対的な立場のような感覚になり、かなり威圧的になる可能性があります。 下の立場となった恋人も自分がいうことさえきていれば物事が円満に行くと思い従ってしまうので、さらにはっきりとした上下関係に発展していくというわけです。 恋人が何でも言うことを聞くので、片方はもっと威圧的になっていき、対等関係とは程遠いカップルになってしまうのです。 実はこのような感じのカップルは意外に多くて、どちらかと言うと年齢が離れているカップルよりも、年齢が近いカップルの方が陥りやすい傾向のようです。 男性が十歳以上も上だとか、20歳近く離れているともなるとどちらかと言うと親子関係のような感じで、威圧的というよりも可愛くてしょうがないという感じになり、違う意味での上下関係が出来上がります。 でもそれはもう片方は苦痛に感じるような上下関係ではなく、穏やかなものなので特に害はありません。 片方がどんどん威圧的な態度になっていくと、服従的な立場を強いられる相手としてはと逆らうとややこしいことになるので従っておこうという思考回路になり、どんどんその上下関係から抜け出せなくなっていきます。

3.DVになりやすい

 威圧的になってしまった恋人は、自分の言うことを聞くのが当然のことだという考え方になり、自分の思い通りにいかなかった時に暴力を振るってしまったり、言葉で暴言を吐いてしまったり、金銭的に追い詰めたりするなどのDV行為に走ってしまう可能性が高くなります。 こうなってしまうとただの対等ではないカップルという話ぐらいではす済まなくなってしまい、犯罪になってしまいますからそうならないためにも未然に防がなければなりません。 もし自分たちの関係が対等ではなく、上下関係があると感じているならばそのことをまず恋人と話し合ってみてください。 もしかしたら恋人は無意識にそのような行動をとっているのかもしれず、指摘すれば改善が見られるかもしれません。 性格的にどうしても変わらないというのであれば、そしてあなた自身が苦痛に感じているのであれば、別れることも検討した方が良いでしょう。

4.最後に

 ここまでで、対等ではないカップルの危険性についていくつかご紹介しました。 片方が何かを我慢しているということ、上に立つ者の方が威圧的になってしまうこと、DVに移行しやすいということ、これらの点だけを考えてもカップルとしていいことは何もありません。 ましてや結婚などの話が出た時には、二人の将来に関わることですからもっと慎重に考えなければならないかもしれません。 交際クラブ・デートクラブでパパ活中の皆様、自分の将来、そして相手の将来、生まれてくるかもしれない子供の将来も考えて事前に最善の決定を下しましょう。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top