パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | カップルの電話のベストな頻度とは?毎日は多い?

カップルの電話のベストな頻度とは?毎日は多い?

 交際相手との電話の頻度に悩むことって結構ありますよね。 お互いに仕事をしている社会人なら、学生時代のように毎晩電話をするのも難しいもの。 かといって交際しているなら、全く電話をしない…というのも寂しいことですよね。 電話というコミュニケーションをどれだけ普段から大切にしているか、お互い価値観が全く違う場合もあります。 電話が嫌いな人もいますし、電話が大好きな人もいます。 カップルの電話の頻度とは、どれくらいがベストなものなのでしょうか?

◆交際当初からの暗黙の電話ルールに注意

電話する女性

 ちなみにまず注意しておきたいのは、交際当初から徐々に生まれていった「暗黙の電話ルール」の存在。 付き合いが始まった頃は、誰だって気持ちもワクワクしますし、相手と話したいこともたくさんあります。 お互いに社会人とはいえ、楽しさゆえに学生の頃のように毎日電話していた…という人も多いはずです。 しかしそれなりに交際が続けば、お互いの状況も変わりますし、恋愛感情にも落ち着きが出てくるもの。 毎日の電話がむしろ負担に感じられる場合も出てくるでしょう。 ですが、最初のうちに毎日電話を続けていると、毎日の電話がいつの間にか暗黙のルールになってしまいがちです。 お互いにストレスを感じながら電話をする…ということも出てくる可能性があるため、交際1ヶ月を迎えた頃から電話の頻度については見直していくことをおすすめします。

◆仲の良いカップルは毎日電話するのもあり

 しかしそうは言っても、そもそも仲の良いカップルで、会話も常に弾みやすい二人なら、無理に毎日の電話をやめる必要はないでしょう。 社会人とはいえ夜にはそれなりに時間もとれるものですし、お互いに無理のない範囲で楽しめているのなら、大人になっても毎日の電話は全然ありでしょう。 もし「電話したいけど、もっと自由に何かしながら電話できるともっと楽」と思うときは、ハンズフリーで話したり、パソコンのスカイプ通話などを通じて電話できるといいかもしれません。

◆社会人カップルにとってちょうど良いのは週2回程度

 参考として、社会人カップルにとってちょうど良い電話の頻度は、週2回程度と言われています。 もちろんお互いの忙しさや考え方によって決めていくのも全然ありですが、「負担に感じずに電話できる頻度ってどれくらい?」と思ったら、まずは週2回程度から始めてみると良いでしょう。 最初から電話する曜日をあらかじめ決めておくのもいいですね。 「都合の良いときに週2回」といって電話する日を具体的に決めていないと、仕事があったり疲れていたりするせいで、いつの間にか電話する習慣が風化しがちになったりします。

◆会える頻度に応じて変えるのもあり

 ただ実際のところ、毎日のように会っている関係なら、もはや週2回もの電話も必要ないかもしれません。 会える頻度によって電話の頻度も調整していけるのがやはりベストでしょう。 例えば遠距離恋愛ではないとはいえ、仕事の忙しさから会えるのは月に2~3回程度ということなら、電話はなるべく頻繁にしておいた方がコミュニケーション不足は防げるでしょう。 あまり他のカップルや世間一般の考えに縛られることなく、お互いにとって負担にならないこと、コミュニケーション不足にならないことを重視していくのが一番です。

◆遠距離カップルはなるべく頻繁に電話しよう

 ちなみに遠距離カップルは、基本的に多く電話をすることをおすすめします。 遠距離恋愛はただでさえコミュニケーション不足になりやすいため、電話こそが心の距離を保つうえで重要になるからです。 仕事やプライベートの負担にならなければなるべく毎日、少なくとも週4回以上は電話することを心がけたいところです。 実際、遠距離恋愛中に密なコミュニケーションを取らなかったことで、関係が希薄なものになってしまい、別れてしまうカップルは非常に多いです。

◆電話の頻度は都度話し合っていくことが大切

 カップルの電話の頻度は、一般論的な目安はあるものの、お互いの状況によってその目安は全く参考にならない場合もあるでしょう。 お互いの状況は時々刻々と変化もしていきます。 そのため、負担を感じないように、電話のことで喧嘩を招いてしまわないように、頻度についてはなるべく都度話し合っていった方が良いでしょう。 お互いに「最近、毎日のように電話してるけど、負担になってない?」と気遣えるような姿勢も大切になります。 また、電話が苦手な人もなるべくはその意見をしっかりと伝えておくことをおすすめします。

まとめ

 いかがでしたでしょうか?  カップルにとってベストな電話の頻度、それは結論から言えば、二人の普段のコミュニケーションの量、電話に対する価値観によって大きく変わってきます。 目安はあるものの、一概に「この頻度が良い」とは言い難いのが実情。 大事なのは、お互いの状況や考えを配慮しつつ、二人にとってちょうど良い頻度を模索していくことなのです。 電話はカップルにとって大事なコミュニケーションの時間。 しかし場合によっては電話をしすぎるせいで、電話によって仲を悪くしてしまう可能性もあります。 ぜひ普段から電話の頻度について見なおし合う癖をつけながら、電話を楽しむようにしていきましょう。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top