パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 彼を嫌いだと思う心理はどこからくる?別れるべきなの?

彼を嫌いだと思う心理はどこからくる?別れるべきなの?

 あなたは彼氏のことを「嫌い」だと感じたことはありますか?  交際している人のことを好きではなく、むしろ嫌いだと思う心理は確かに珍しいものかもしれません。 ですが恋愛というものはとても複雑なものです。 時には、世界で一番好きで、世界で一番大切だと思う人のことをなぜか嫌いだと思ってしまうことはあるかもしれません。 そこで今回は、彼氏のことを嫌いだと思う心理について、考えられるものをご紹介していきたいと思います。

◆倦怠期を迎えている可能性

倦怠期の女性

 まず一つ目に考えられるのは、単純に倦怠期やマンネリの時期を迎えているということです。 今までにも経験したことがある人は分かるかもしれませんが、倦怠期を迎えると、相手への感情が嘘のように変わってしまいます。 嫌なところばかりが気になるようになり、一緒にいることがうっとうしくなったり、言っていることがなんでもうざったく感じたり…。 これは決して珍しいことではありません。 倦怠期には、関係に対するちょっとした飽きの感情や、変化のない毎日にマンネリを感じる気持ちなどから陥るようになることが多いです。 恋愛に倦怠期はむしろつきものなので、彼に対する気持ちは一時的に「嫌い」と思えるくらいマイナスなものに変わってしまう場合があります。

◆喧嘩中は感情的になって嫌いと思うことも

 そもそも喧嘩中はお互いに冷静さを失ってしまい、感情的になることが多いです。 そのせいで彼に対する気持ちも、一時的に好きという感情から嫌いという感情に変化してしまうことがあります。 これは一時的な感情でしょう。 喧嘩中で頭に血が上っているからこそ、「嫌い!最低!」なんて思ってしまうのです。 彼と喧嘩した後に険悪なムードに陥り、嫌いという感情を抱いたときは、それは喧嘩による一時的なネガティブ感情のせいである可能性が高いです。 そして喧嘩の状態が落ち着けば、打って変わって嫌いという感情は消えてなくなる場合も多いでしょう。

◆どうしても合わない部分がある

 彼と接していて、どうしても合わない、生理的に受け付けられないと思える部分があるなら、そのせいで嫌いという感情を抱いてしまっている可能性があります。 いくら恋人同士とはいっても、何でもかんでも相手のすべてを受け入れられるわけではありません。 本来であれば、生まれも育ちも違う男性と女性。 考え方でそりが合わないと思うことがあるのは決して珍しいことではないでしょう。 しかもそんな中で、正反対とも言える部分があった場合、なおさら彼のことを嫌いだと思う心理は強まる可能性があります。 例えばおおざっぱと几帳面、インドア派とアウトドア派、ローテンションとハイテンションなど、このように正反対の部分を持った人同士で恋人になると、やはり衝突することは増えがちです。 その結果、彼のことを嫌いだと思ってしまうことは出てきてしまうでしょう。

◆浮気などの裏切り行為がどうしても許せない

 今までに彼が浮気などのひどい裏切り行為をし、そのことをどうしても許せない心理があれば、それを恨む気持ちから嫌いという感情が止まらなくなってしまうこともあるでしょう。 この場合、されたことがひどければ、確かに嫌いと思ってもむしろそれは仕方がないことかもしれません。 好きと思い続けることの方が難しい場合もあります。 しかしこの場合、彼がしっかりと自分の信用回復を心がけない限り、嫌いという感情はますます強くなり、遅かれ早かれ別れに繋がってしまうことは多いです。

◆大事なのは好きという気持ちがどれだけあるか

 彼に対して嫌いという感情を抱いたことにより、「もう別れた方が良いのかな」と感じたことがある人も多いでしょう。 確かに本来であれば、好きという感情を一番に持っていなければいけないのが、恋人同士というものです。 そんな中で、嫌いという感情を抱くということは、何らかのことが二人の中に起きていることは確かです。 そのことを解決しなければ、嫌いという気持ちを処理することはやはり難しいでしょう。 そして、自分に彼を好きだと思う気持ちがどれだけあるのか、嫌いと思っても別れたい気持ちはどれだけあるのか、そういったポイントもよく考えてみる必要があります。 嫌いという気持ちは確かに生まれてしまったかもしれませんが、好きという気持ちもたくさんあり、そして決して別れを望んでいるわけではない…という場合は、そもそも別れる必要なんてないでしょう。 恋愛は人と人のコミュニケーションですから、ときに嫌いという感情を持ってしまうこともあります。 結論から言えば、好きという気持ちがあるならそこまで気に病む必要はないのです。 ただ、正直別れたい気持ちもあったり、どうしても嫌いな気持ちが収まりそうになったりする場合は、確かにこれからのお互いのために別れるか否かをしっかり考えることが必要な場合もあります。

◆まとめ

 いかがでしたでしょうか?  恋愛は複雑なものなので、時には好きなはずの彼に嫌いといった悪い感情を持ってしまう場合もあります。 それによって別れるべきかどうかを悩んでいる人もいるでしょう。 まずは彼と本当に別れたいのかを考え、そして彼への気持ちを再確認することが大切です。 好きと嫌いのバランスをしっかり取って、良い距離感での接し方を模索してみてくださいね。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top