パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 年の差婚(リスペクト婚)のメリットとデメリット

年の差婚(リスペクト婚)のメリットとデメリット

 生涯未婚率が上がり続ける日本。 40代には厳しい時代となりました。 仕事も頑張っているし、規則正しい生活をして、たまに旅行に行ったりと楽しみを持っているものの、なぜか本命と出逢えないうちに40代に。 婚活にも疲れてきて、このまま独身でもいいかもと思い始める人も多くいるでしょう。 そんな疲れた女性を癒す存在がいます。 年上の男性、それも10歳12歳は当たり前、人によっては20歳上の場合も。 今までとは違う交際、しかし、2人の相性が良い場合はもちろんあります。 そこから年の差婚へと進むケースもあるのです。 リスペクト婚と呼ばれる年の差婚、今回はこの形について調べてみたいと思います。

■リスペクト婚とは

 年の差婚は年齢に大きな差のある男性と女性がする結婚のことを指します。 芸能人で言うと、濱口優さん(46)と南明奈さん(29)や、いしだ壱成さん(42)と飯村貴子さん(19)などのカップルが新しいでしょうか。 どの時代にも年の差婚はあるわけです。 そして今、年の差婚のことをリスペクト婚と呼ぶそうです。 リスペクト婚は、ただ年が離れているということではなく、年上の男性に対して、「最後のオンナになりたい」という願望が含まれます。 そういうことから、年上の男性への特別感が増すのです。 そこには、相手の男性をリスペクトする気持ちが強く含まれています。 人生も長くなってきて、その男性なりの人生観を持てているのは、それまでの長い人生経験からこそ来るもの。 もはや、男性の収入や社会的立場だけへのリスペクトではありません。 人として尊敬できる、ギブ&テイクではなく、与えるだけで女性の幸せ感が満たされるそんな存在の男性との結婚なのです。

■年上男性と出逢う場所5選

 では、そんな素敵な年上男性とどのような場所で出逢うのでしょうか。 40代以降の男性は、趣味や習い事に使える自分の時間がしっかりあります。 それを叶えるためのお金もあります。 ということで、この年代の男性に人気の趣味5選です。

・神社・仏閣めぐり
・サイクリング
・株
・フィッシング
・温泉めぐり

どれも女性にとっても趣味となりえるものばかりです。 これらの場所へ出かけていくと、良い出逢いに恵まれるかもしれませんね。

■リスペクト婚のメリット

 リスペクト婚は、お相手の男性の年が女性と全然違うため、喧嘩自体もあまりおこりません。 そして、お互いがぶつかることを避けられるので、穏やかな関係を続けることができます。 女性も同世代の男性には不満がでることでも、年の差のある男性にはキツくない言動になったりします。 これは正しく、リスペクト婚のメリット。 男性の今までの人生経験や安定した収入により、小さなことで怒る必要がないからなのです。 年上の男性からの女性に対する要求もさほどなく、女性としては信頼されているという感覚を持てることが、良い関係続けていける大きな理由となります。 もし、女性が子どもを持つことが難しい年齢であっても、年上の男性はそのことも受け入れてくれる可能性がかなり高いでしょう。 すでに男性の子どもが大きくなっているケースもあり、自分たちの子どもはいなくても、家族がいて賑やかであれば十分かもしれません。 このような家族の場合、大抵は住まいが別なので、気楽にお付き合いができるでしょう。 また、若い年下男性と交際または結婚した場合、男性は若い女性に行ってしまうのではないかといった不安がよくあり、浮気が心配になったりしますが、年上の男性の場合はそのような余計な不安感を持つことも不要になります。 結果として、二人の関係が安定するのです。

■リスペクト婚のデメリット

 心の安定が得られるリスペクト婚ですが、もし女性の親と年齢がそう違わない場合、親が結婚に反対するケースが出てきます。 年上の男性との結婚を選んだゆえに、親と音信不通となってしまう残念な場合もあります。 結婚後もこの場合は焦らず、親が二人の関係を理解してくれるようなるまで、ゆったりと事を進めていくことが肝要でしょう。 男性に子どもがいる場合は、遺産相続や遺書に関してもオープンに話せると、のちのちトラブルに見舞われずに済むかもしれません。 そして、現実問題として老後や介護の心配がでてきます。 この後、どれほどの年月を一緒に健康に過ごせるかは大変重要な問題です。 女性は男性の健康を思い、食事や規則正しい生活になるよう気をつけてあげるとともに、万が一介護状態になった時のことを男性と話す機会を作ることが大事でしょう。 そういった不安をお互いが確認して話すことで、不安感をある程度軽減することができます。 たまにはコンサートに行ったり、ホテルのバーで二人の時間を過ごすなどの刺激も、若さを保つためには必要かもしれません。

■リスペクト婚の心がまえ

 いくらずっと年上の男性と言っても、その年齢に相応しくない人はいます。 あまり期待が大きすぎるのも、関係を悪くしてしまう原因になります。 リスペクト婚であれば、女性が男性を敬うだけでなく、男性も年下の女性をリスペクトできるような関係がベストです。 今の40代50代、そして60代でも70代でも若いですよね。 お互いがリスペクトし合える最高のパートナーはずっと年上の年代にいるのかもしれません。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top