パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 服がダサい女性の5つの特徴

服がダサい女性の5つの特徴

 自分のファッションセンスに自信があるかと言われれば、はっきりとYESと答えられる人はなかなかいないかもしれません。 服のチョイス、コーディネートのセンスについてはなかなか強い自信を持てませんよね。 それだけファッションというものは難しいものです。 しかしとりわけ自分のファッションセンスに自信が持てない人というのも、意外と多いのではないでしょうか。 周りからも「服がダサい」なんて言われることが多い…と自覚がある人もいるでしょう。 そんな女性にとって、女性=おしゃれといったイメージはとてもつらいものです。 ちなみに服がダサいと言われる女性は、何がダメで服がダサいことになってしまうのでしょうか?  今回は、服がダサい女性の特徴をご紹介していきたいと思います。 以下のようなコーディネートに心当たりのある人は気をつけましょう。 見た目の印象から男性に引かれて、恋愛のチャンスすら逃してしまいます。

◆色の組み合わせがとんでもない

センスの悪い服

 服がダサい人の多くは、色の組み合わせが奇抜なことになっていることがほとんどです。 もはやとんでもない組み合わせすぎて「逆におしゃれなのかな…?分からない…」と相手が困惑するほどです。 例えば蛍光色に突然地味でくすんだ色を取り入れてきたり、自分自身は黒髪で控えめな印象なのに、派手なビビットカラーの服を着たり…。 ファッションにおいて色の組み合わせはとにかく大事なポイントになります。 基本的には同系色でまとめたり、モノトーンでまとめるのが一番でしょう。 他の人からすれば当たり前のことでも、服がダサい人はこういった色の失敗をしてしまいがちです。

◆柄物に柄物を…

 組み合わせがひどいことになるのは色だけではありません。 柄物に柄物を重ねたりなど、服がダサい人は、柄があって主張力の強い服に、同じような柄の服を組み合わせてしまうことがあります。 例えば上がヒョウ柄、下が花柄。これではどちらも柄物で目がチカチカするようなファッションになってしまいます。 そもそもヒョウ柄と花柄では、コンセプトもぐちゃぐちゃなので相性も最悪なもの。 他によくある例で言うと、上はボーダーなのに下はストライプといったパターン。 ボーダー柄・ストライプ柄は柄物の中でも扱いやすいものの一つですが、両方を取り入れるとまとまりのないファッションになってしまいます。 柄物は基本的にコーディネートの中で一つに絞るのが一番。 柄物は特に主張が激しいので、コーディネートをうるさくして結果的にダサくならないように要注意です。

◆地味すぎる喪服コーデ

 服がダサいと言われる人は、主に地味すぎる服を着ていることも多いのです。 例えば黒やグレー、カーキなどの地味な色ばかりを身につけ、全体的に暗い印象が目立つパターン。 確かに黒い服はかっこよさやシックで落ち着いている印象にもなりますが、あまりにシンプルすぎると逆にただ地味なだけになってしまうので注意したいところです。 黒やグレーなどの暗い色ばかりのコーディネートでも、本当におしゃれな人はそこに白や赤などのアクセントを入れるのを忘れないもの。 おしゃれさを感じるポイントをしっかり出すのです。 ファッションに自信がないと、自然と暗い色ばかりをコーディネートに選んでしまう傾向があります。 まるで「喪服?」なんて言われるような服装にならないよう注意しましょう。

◆いつも同じ感じのコーデ

 服がダサい人は、いつも同じようなコーディネートをしていることがほとんど。 要するに、コーディネートにバリエーションがないのです。 同じような服を繰り返して着ていると、「これ以外に組み合わせのストックが無いのかな?」と周りにもさすがに分かってしまいます。 バリエーションがない=ファッション知識が乏しい=ダサいといった方程式が成り立ってしまうでしょう。 いつも同じような服ばかり着ている人は気をつけましょう。 いくらそのコーデだけはうまく決まっていたとしても、バリエーションが少ないだけでダサいとバレてしまいます。

◆一昔前のセンス

 それなりにおしゃれをしているつもりでも、一昔前の感覚でファッションセンスがストップしている人も多いです。 そのような女性も、周りからはダサい認定されがちなもの。 少し前に流行した服をリピートしていたり、得意げに90年代っぽいようなコーディネートで出かけてきたり…。 ダサい人というのはそもそもおしゃれを理解していない人、もしくはセンスが古臭いことのどちらかです。 この場合は明らかに後者ですね。 センスが古臭いと、実年齢や顔の印象よりも老けて見えてしまうことも多いので要注意。

まとめ

 いかがでしたでしょうか?  自分の服がダサい気がする…とファッションに自信が持てない人は、そもそもなぜダサいのかすらよく分からないもの。 以上のような特徴を持っていた場合は、少しでもファッションについて自分の知識を改めていくと良いでしょう。 雑誌、ネット、アパレルショップなどで勉強するのが一番です。 服がダサいと、それはさすがに男性にも伝わります。 デートで横を歩きたくないなんて男性には思われないよう、「服がダサい」は早急に卒業しましょう。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top