パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 真夏でも涼しさを感じる!?恋愛にまつわるぞっとするあるあるネタ

真夏でも涼しさを感じる!?恋愛にまつわるぞっとするあるあるネタ

 真夏の蒸し暑日が続いていますが、この時期になると納涼企画として、怪談話や怖いネタなどが特集されるコンテンツが増えますよね。 交際クラブ・デートクラブ・パパ活中の皆様も恋愛においてもこれまでにぞっとするような怖い体験をされた方はたくさんいらっしゃるのではないかと思います。 恋愛感情において、男女の執着心や嫉妬心といわれるものはある種、心霊体験よりも現実的で恐怖を感じることもあります。 真夏の納涼企画!とはならないかもしれませんが、今回はそんなぞっとする恋愛ネタのあるある話を調べてみましたので、こちらでいくつかご紹介してみたいと思います。

■ストーカー被害

ストーカー

 これは恋愛における執着心が招いた性犯罪とも言われるもので、主に女性の多くが一度は体験していることではないかと思います。 一般的には好きになった女性に対して、男性からしつこくアプローチをされつづけて迷惑を被るといったケースが多いですが、ひどいケースになると夜中に後をつけられてしまったり、勝手に合いカギを作って部屋に侵入されたり、最悪の場合ですと強姦まがいのことにあって精神的苦痛を味合わせられるといった犯罪ケースまであります。 ストーカー被害でもっとも懸念されることは、警察など公的なところで被害届として受理されるまでの過程や対応が難しい点です。 実際に被害にあってからではもちろん遅いのですが、実際にはそうなってしまってからでないと警察も具体的な対策を講じてくれません。 そのため、女性の皆さんは個人個人での予防と対策を余儀なくされてしまいます。 直接的な性犯罪行為に及ばれる前に、家族や友人などに早めに相談し対処法を一緒に解決してくれる協力者を募るようにしましょう。 ひとりで悩みを抱えたままでは精神的なストレスも蓄積されてしまいますし、怖くて一人で行動することもできなくなりますので、生活にも支障をきたしてしまいます。

■逆恨みや三角関係のもつれ

 こちらも主に女性の被害が多いと言われていることですが、女性同士で例えば友人などで同一人物の男性を好きになってしまい、取り合いの際に関係性がこじれてしまうようなケースがあります。 女性同士での嫉妬や恨みからなる感情の行く末となるパターンですが、ひどいケースになると逆恨みから嫌がらせなどから軽犯罪に発展するケースや、殺人にまで発展していしまったというケースもあります。 女性同士の友情って恋愛がからむとこんなにももろく崩れさってしまうものかと驚かされる事例もたくさんありますよね。 女性にとっては恋愛は男性が考える以上に重要な要素であり、恋愛することや好きになった対象の男性が人生のすべてだと考える女性も少なくありません。 全てをなげうってでも好きな男性を追い求め続けるというある種ストイックすぎる恋愛の姿勢は時にこのような歪みを産み出し、生死おも揺るがず危険性を秘めているわけです。 女性の嫉妬心というものは本当に恐ろしいですね。

■恋人に無理難題を押し付けられる

 恋愛と切っても切れないもののひとつとして、性生活があります。 これは恋愛の関係性を大きく左右するものであり、性の一致・不一致により交際が維持できるかどうかも決まってくるものです。 恋愛関係において非常に重要な性生活ですが、人によっては性癖とよばれるちょっと変わったクセのようなものを持っている方もいます。 ちょっとしたMっけやSっけを感じる程度であれば、マンネリ化したカップルにとっても刺激的で燃え上がる媚薬的なエッセンスにもなり得ますが、普通に考えてちょっと受け入れがたいような性癖を交際相手が持っていた場合、かなり恐怖を感じるというケースもあります。 人は普段性的欲求に対しては理性を働かせて、ある程度は自身の中で抑制する力をもっています。 しかし恋愛関係において段々と相手との距離が縮まり、受け入れられやすくなると次第に隠し持っていた本質的な性癖を一気に開放してしまう場合があります。 ときに行き過ぎた行為ははたから見ると暴力的な行為であったり、身体や精神を傷つけるに至るほどの危険な行為へとつながってしまうケースもあるわけです。 代表的なものでいえばDVとよばれる行為ですが、これも一種の性癖と言われています。 恋人に対して自分の考え方を押し付けたり、支配したいと思う欲求の現れであり、要求を受け入れられない場合に発動してしまうもので、行為に及んでしまう本人ですら理性をつかってブレーキをかけて抑制することができない方がほとんどということもあり、非常にやっかいなものです。 普段の生活では一切垣間見えない、一種の衝動的な行動パターンでもあるため、被害を受けている本人の自白などがないとなかなか表ざたにもでないため、ただただ受け入れるしかないと我慢している方も多いようです。 自分の恋人がもしDVを性癖とする相手だったと考えると恐怖を感じざるを得ません。 お付き合いする相手の隠れた衝動や性癖は徐々にわかってくるものなので、異変に気付いたり、身の危険を感じるような場合はすぐに考え直すことも必要になります。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top