パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | おばあちゃんのエチケットに学ぼう

おばあちゃんのエチケットに学ぼう

おばあちゃん

 例えば、一緒に食事に行くというのは男女が仲良くなるための定番ですよね。 どうして仲が深まるかといえば、食事が心を開きやすくしてくれる効果もあるのですが、食事をする前よりお互いのことがより分かるからです。 ですが、食事を通して「この人いいな」と思われることばかりではありません。 何となく話が合わないな、など、その人のことをよく知ってしまったためにかえってNGになってしまうケースも少なからずあるものです。 それが単に好みの問題であればそれは仕方のないこと。 しかしそれが食事のマナーや、ちょっとした仕草や言い回し、自分では気がつかないうちに身についていることだったりしたら、それで嫌われてしまうのはもったいないですよね。 例えば特に悪びれず料理を残す人、お店のスタッフに横柄な態度を取る人、こうした振る舞いがお相手から見てマイナスポイントであることは言うまでもありません。 また食事マナーに厳しめのお相手であれば、箸の持ち方や口への運び方で幻滅するようなこともあるでしょう。 こうしたちょっとしたことは、意識してチェックしていなくても見えてしまうものなので注意が必要です。

なにげないフレーズが印象を左右する

 そこでおすすめしたいのが「おばあちゃんのエチケット」です。 変に堅苦しくもなく、潔癖でもなく、押し付けがましいこともなく、お相手から見て心穏やかになるようなエチケットを心がけるだけで印象はずっと良くなります。 以前お付き合いした人から、最初に感じた私の好感ポイントを聞いたことがあるのですが、それは「いただきます」ってちゃんと言う人だったから、でした。 私からすればそんなの当り前で、食事をする時にはまず「いただきます」と言います。 しかし、お相手にしてみればそれで「この人、悪い人じゃないな」と思ったんだそうです。
 なんだそんなこと、と思われるかもしれませんが、男女で食事する時に意外と言っていない人も多いのです。 お酒がそこにあれば「乾杯」とは言うかもしれませんが、その後いただきますって案外、続かないものです。 ですが決して、いただきますと言ったことが凄いのではありません。 そんなところまで見られている、知らず知らずのうちにチェックポイントになっているということが、凄いのです。
 女性に比較的多いのは「美味しい」という一言です。 もちろん誘って、お店をセッティングして、そこで美味しいと言ってくれたら男性としては嬉しいもの。 しかし時々、まるでグルメレポーターのように、誰に言っているのかわからない「美味しーい」という一言を聞くと、実は萎えてしまう男性も少なくありません。 美味しいから本心で美味しいと言っているのかも知れませんが、何となく言うべくして言っている感じが、男性は苦手だったりします。 ショッピングをしている時の「これ可愛い―」というのと、ちょっと似ています。 こんなときも、優しく穏やかなおばあちゃんを思い出してみてください。 きっと男性に向かって「美味しいね」と声をかけるでしょう。 単に感動を言葉にするのではなく、お相手に投げかける、というのがポイントです。 もしも料理が多くて食べきれない時も、ごめんね、と言葉にした方が好感を持たれるでしょう。 食べきれないのは仕方がないとしても、何もなく残すのはやはり印象が良くありません。 もちろん照れ隠しでも、多過ぎる、なんて言ってしまうことはおすすめしません。 逆に苦しそうで困っているのを見かけたら、ちょっと多かったかな、無理しなくていいよと声をかけるべきでしょう。 お互いに澄まして、カッコよく過ごすより、このように優しく、ほっこりした対応が実は恋愛に発展しやすいのです。

安心と刺激のさじ加減

 年寄くさくてヤダなと思われるかもしれませんが、恋愛に重要な心理は「安心と刺激」です。 その人と一緒にいることで心穏やかになる、安らぐ、という安心感や癒しがまずベースにあって、「ドキドキ」「キュンとする」という刺激が適度にあることで恋愛は深まっていきます。 少々あざとい言い方をするなら、この安心感や癒しを「おばあちゃんのエチケット」で演出する感じです。 多くの男性は女性の悩みや愚痴に対してつい、その具体的解決策を伝授したくなります。 これは無意識のうちに自分自身の知識や知恵をアピールしたいという男性の心理でもあります。 しかし一旦これを、おばあちゃん、またはおじいちゃんのように受け止めてあげてください。 そうだね、それはつらいね、でもきっと○○ちゃんなら大丈夫、心配いらないよ。 こんな風に親身になって、とにかく聞いてあげることが重要なのです。 女性にとって「相談に乗ってくれる」とは、対策を導き出してくれることではなく、こうして話を聞いて味方になってくれることを言うのです。 こうして安心感や癒しをくれるお相手なら、必ずカッコいいところ、可愛いところを見せる機会はやってきます。 そうしたらその時こそ、お相手をドキドキ、キュンとさせれば良いのです。 普段は穏やかで柔らかくてとてもいい人、でも男らしさ女らしさのある人。 こんな風に思わせることができれば多くの恋は成就するはずです。

まとめ

 いかがでしたか?  最初から最後までいいトコロばかり見せようと力み過ぎないで、自分自身もお相手も心地よい癒しをおばあちゃんから学んでみましょう。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top